掲示板スクリプト、その理想を求めて

 全ページが「資料つきの掲示板」と化してしまった女子十二楽坊資料館サイト。しかし、メイン掲示板はさすがにブログのおまけでは機能的に弱い。そこで掲示板探しが始まった……。以上前回のあらすじ。一つ前のエントリーの続きです。

2003年12月26日17:07| 記事内容分類:ウェブツール| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(5) | トラックバック(1)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

◆注文の多いウェブマスター

 女子十二楽坊資料館では、全体の掲示板用にエントリーを作って、そこにコメントを集めるようにしていた。ところが、あっという間に100とか200とかコメントがついてしまうのである。あまりコメントが付きすぎると大変だから、新しいエントリーを作って、前のは過去ログにして……というのも、いつまでも続けるのは大変だ。できれば自動化したい。そう思って、結局、掲示板スクリプトを置くことにした。もちろん、個々の記事に投稿できるようにしてあるのはそのままだが、総合掲示板が別に必要なのだ。

 ところが、困ったことに、私の望んでいるようなスクリプトはなかなか見つからない。わがままな、というか注文が多いからいけないのだが……

【1】あめぞう型や2ちゃんねる型のような、スレッドがいくつもできるタイプは必要ない。そこまで大がかりにするつもりはない。
【2】できれば、くずはすくりぷと(あやしいわーるど)的な、とにかく新しい投稿が上に積み重なるようなタイプがいい(いわゆるゲストブック型だが、ブログ的でもある!)。もちろん、レスくらいはつけられるといい。
【3】ツリー型になると、本文を読むのにクリックしないといけないからだめ。
【4】だからといって投稿一つ一つが独立した記事になって保存される「阿修羅♪」型は、記事の連続性がないので、今回の目的からは外れる。
【5】できたらデザインの変更などをするのに、スクリプト本体と別のスキンとかテンプレートが使えるとうれしい。
【6】ついでに、一つのスクリプトでいくつも掲示板が置けるとうれしい。ただし、管理人だけが設置できるもの。
【7】そして、最も重要な点として、「すべてのページがHTMLファイルとして静的生成されること」!

 最後の要望さえなければいくらでも掲示板スクリプトはいいのが転がっているのだが……。

 一般的な掲示板スクリプトは動的生成――つまり、掲示板そのものを表示させるのにもスクリプトを走らせている。これは、アクセスが増えてくると困る。投稿する時などにスクリプトが動くだけならいいのだが、ただ閲覧するためだけにサーバーに負担をかけるというのはよろしくない。

◆すべての条件を満たす掲示板はいずこ?

 というわけで、いろいろ見て回ったが、なかなかぴったりのものがない。以下、煩雑になることを恐れずに列挙してみると……

 過去ログが静的ファイルになっていればいい、というのであれば、くずはすくりぷともOKである(しばさんにはこれを改造すればいいと勧められた)。表紙が動的生成、過去ログが静的生成、機能が制約されるが、仕方なかろう。とりあえずの有力候補だ。
 一方、表紙だけはちゃんとHTMLファイルを作って置いてあるが、過去ログは動的生成というのも多い。そうなるとGoogle検索などで見づらくなるから嫌(わがままである)。たださんのところのruby掲示板RuBBSもかなりよかったのだが、この条件でボツになってしまった。老舗Kent-Webのsun-boardも、表紙がHTMLファイルという稀少なスクリプトだが、過去ログがcgi生成なので見送り。
 静的生成という条件だけを考えると、あめぞう型はかなりいい。三河版などはかなり気に入った。その他、亜流のHilight Multiや2ちゃんねる系もある。しかし、いずれも大がかりすぎること、投稿が増えすぎて結局サーバーに負担をかけかねないのが気になるところだ。
 複数の掲示板を作れるということでは、くずはすくりぷとの改造版であるRemixなどがある。しかし、各スレッドの過去ログが延々と1ファイルに入ってしまうので見送った。

 少しまとめておこう。

●全部動的生成
 ……今回は考慮していない。高機能だけどね。
●表紙は動的、過去ログが静的、ゲストブック型
 ……くずはすくりぷと。改造版のRemixは全部動的だが複数掲示板を作成できる。
●表紙が静的、過去ログは動的、ゲストブック型
 ……Kent-WebのSun-board、たださんのところのRuBBSなど
●全部静的、あめぞう型(スレッド形式)
 ……三河版などあめぞう型、Hilight Multi、2ちゃんねる型。でも大げさ。
●全部静的、阿修羅♪型
 ……記事が一つ一つ独立したページになるのは読みづらいし、気楽に書けない。

 こうしてさまようこと数時間、結局くずはを改造するか、と思っていたところで、一つのスクリプトが見つかった。

 phpを使った「掲示板」という名の掲示板。サイト名も「シンプル・イズ・ベスト」。

■特徴など
・一つのスクリプトで複数の板が設置可。
・スキンの採用によりデザインが自由。
・閲覧用のHTMLファイルを出力するタイプなので負荷が少ない。
・記入項目を自由に設定可。
・ある程度ログがたまると、過去ログとして出力。
・携帯用としても使える。

 これだ、これだよ、探してたのは! スキンをいじるにはphpを理解しないといけないようだけど、これくらいの改造から入るのが、phpの感触を知るにはちょうどいいかも! 時代はphpだし!

 というわけで、出力をxhtml準拠に改造して、スキンやCSSを適当にいじり倒して……いじりすぎて一度おかしくなったが、何とか想定していたものに極めて近い掲示板が完成した。完成品はこちら



追記。2004.1.1.
実は掲示板スクリプトをさらに変更した。

・上記スクリプトは、レスがつくとその投稿が上にくる。そのため、投稿がシャッフル状態になり、読みづらいとの意見があった。
・しかし、スクリプトを調べてみると、ログはログファイルに直書きで修正が非常に困難。
・phpなのでどういじればいいかもよくわからない。
・さらに荒らし君が来たので、スクリプト変更を考える。
  ↓
 そこで最初の候補として「三河版」スクリプトの採用を考えた。歴史ある「あめぞう型」掲示板の後継であり、横レス機能その他遊べる機能が満載である。多少機能が充実しすぎで、こんなものがあるとみんな投稿しまくる危険もあるが、いじってみた。
  ↓
 utf-8対応に失敗。日本レコード大賞が始まるがそれどころではない(笑)
  ↓
 かつてHyperBBSを公開していたhirさんのところでHTB 1.6cを発見。全ファイルHTML出力、レスが付いてもシャッフルされない。これは理想的だ!
 というわけで、紅白を横目に、xhtml出力&CSS対応にするようタグを書き換え、さらにutf-8化を進める。カスタマイズ完了して、年明けに公開。

※少し古いサイトで「perlの新しいバージョンの場合は2行目にuse utf8;と入れるといい」とあったが、むしろ入れない方が正解だった。単にjcode処理を省略すれば、掲示板に書き込む時の文字処理程度ならたいていOKだと思う。

【広告】★文中キーワードによる自動生成アフィリエイトリンク
以下の広告はこの記事内のキーワードをもとに自動的に選ばれた書籍・音楽等へのリンクです。場合によっては本文内容と矛盾するもの、関係なさそうなものが表示されることもあります。
2003年12月26日17:07| 記事内容分類:ウェブツール| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(5) | トラックバック(1)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

トラックバック(1)

※当ブログへトラックバックされる場合は必ずこのページへのリンクを入れてください。こちらへのリンクのない一方通行トラックバックは承認されません。

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/144

PukiWiki/TrackBack 0.1 - コメント/雑談 (2004年9月 8日 23:41)

雑談 test -- いなせ 2004-09-08 (水) 04:18:44 おkおk -- いなせ 2004-09-08 (水) 04:20:51 おこk -- mihana 2004-09-08 (水) 04:21:03 整形ルールは結構簡単ですから、練習してみてください。 -- いなせ 200... 続きを読む

コメント(5)

あのう、昨日ですね、中国の[2003年blogトップ10]の投票がはじまりました。よければ、のぞいてみてくださいね。
http://www.wesnapcity.com/award2003/

こんばんわ。
女子十二楽坊資料館サイトが見えませんが僕だけ?

リンク間違えてました……すみません

個性的でおもしろい

あめぞう型の利点を評価していただいた点は
嬉しく思いました。
宣伝行為ではなく、素直な感想だけ
書きたかったのでURLは載せないようにします。

コメントする

OpenID対応しています OpenIDについて

このブログ記事について

このページは、松永英明が2003年12月26日 17:07に書いたブログ記事です。
同じジャンルの記事は、ウェブツールをご参照ください。

ひとつ前のブログ記事は「サイトを楽に作るためのウェブログツール」です。

次のブログ記事は「2004年「ことのは」は……新年の抱負」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。
過去に書かれたものは月別・カテゴリ別の過去記事ページで見られます。