女子十二楽坊13人の見分け方

※この記事は移転しました。女子十二楽坊13人のメンバーの見分け方 [女子十二楽坊資料集]

2004年1月 9日20:33| 記事内容分類:女子十二楽坊| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(5) | トラックバック(4)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:
【広告】★文中キーワードによる自動生成アフィリエイトリンク
以下の広告はこの記事内のキーワードをもとに自動的に選ばれた書籍・音楽等へのリンクです。場合によっては本文内容と矛盾するもの、関係なさそうなものが表示されることもあります。
2004年1月 9日20:33| 記事内容分類:女子十二楽坊| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(5) | トラックバック(4)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

トラックバック(4)

※当ブログへトラックバックされる場合は必ずこのページへのリンクを入れてください。こちらへのリンクのない一方通行トラックバックは承認されません。

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/135

■それじゃ、「女子十三楽坊」じゃないか。 一人くらい入れ替わってもわからないといえばわからないが、場合によって人数が変わるんでは「News」みたいじゃないか。 →と思ってい... 続きを読む

【☆トロッコ蜜柑総合研究所☆】 - 13人の女子十二楽坊 (2004年1月11日 20:34)

先日、実は13人でしたと、「アイドルが実年齢を明かすときのように」発表した女子十二楽坊ですが、ことのはさんでその見分け方を教授してくださっています。女子十二楽坊13人の見分... 続きを読む

PukiWiki/TrackBack 0.1 - News/2004-01-12 (2004年1月13日 01:40)

音楽 【音楽】小島麻由美ライブレポート -- 写真もすごいけどセットリストもすごい!想像しただけでなみだ目になりました。 【音楽】女子十二楽坊13人の見分け方 -- メンバーチェンジと... 続きを読む

たつをの ChangeLog - DVD (2004年1月30日 02:52)

某氏が中国土産にもらった DVD を借りて観ました。曲聴くだけよりも 演奏見ながらの方が断然良いね。思わず見入ってしまいました。 続きを読む

コメント(5)

the manager said that they always have 13 people, When they perform, they rotate the 12 people. One is the back up

めがね(^O-Oヘ)のゆきさん@深谷市です。始めての投稿です。
 女子十二楽坊、十三人目は、二胡の五人目である、王迭文と思いますが、中国制作の”女子十二楽坊現場音楽会”なるDVDでは、新古典主義で、小提琴(ブァイオリン)で寵海鷹が、フューチャーされています(十四人目)。更に、”S.D花園”では、琵琶に趙光瑾・杜文婷の二名(十五・十六人目)が、ゲスト出演して居るとの事です。”奇迹”なるアルバムの裏書きには、”「女子十二楽坊」は楽団の名称であり、コンサートツアーの時期等により多少のメンバー変更がありますので、ご了承下さい。”なる注意書きがありました。元々、全ての曲を十二人全員で演奏しているわけでもないのですから、人数には拘らなくて良いのではないでしょうか。二人だけでの演奏も有りましたよね。
 では、また。

めがね(^O-Oヘ)のゆきさん@深谷市です。始めての投稿です。
 女子十二楽坊、十三人目は、二胡の五人目である、王迭文と思いますが、中国制作の”女子十二楽坊現場音楽会”なるDVDでは、新古典主義で、小提琴(ブァイオリン)で寵海鷹が、フューチャーされています(十四人目)。更に、”S.D花園”では、琵琶に趙光瑾・杜文婷の二名(十五・十六人目)が、ゲスト出演して居るとの事です。”奇迹”なるアルバムの裏書きには、”「女子十二楽坊」は楽団の名称であり、コンサートツアーの時期等により多少のメンバー変更がありますので、ご了承下さい。”なる注意書きがありました。元々、全ての曲を十二人全員で演奏しているわけでもないのですから、人数には拘らなくて良いのではないでしょうか。二人だけでの演奏も有りましたよね。
 では、また。

高橋幸雄さん、二胡組のメンバは下記のとおりです。
詹麗君、雷滢、蒋瑾、殷焱、孫婷

王迭文さんはゲスト出演と思われます・

寵海鷹さんは完全なゲストです。
趙光瑾・杜文婷さんは初期メンバです。
他にも二胡組初期メンバで霍暁君さんがいますが、彼女は楽坊にはもう参加しないそうです。

コメントする

OpenID対応しています OpenIDについて

このブログ記事について

このページは、松永英明が2004年1月 9日 20:33に書いたブログ記事です。
同じジャンルの記事は、女子十二楽坊をご参照ください。

ひとつ前のブログ記事は「読点(、)はどこに打つか?句読点の使い方2」です。

次のブログ記事は「アジア・ウェブログ大賞」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。
過去に書かれたものは月別・カテゴリ別の過去記事ページで見られます。