第十惑星セドナ(仮)の伝説

太陽系10番目の惑星を確認 NASAが発表へ

米航空宇宙局(NASA)は、2002年秋にカリフォルニア工科大学の研究グループが見つけた冥王星の外側を回る天体について、太陽系の10番目の惑星だと確認し、米東部時間15日午後(日本時間16日未明)に正式に発表する。仮称として、イヌイット神話に登場する海の女神の名前から「セドナ」と名付けられた。

「第十惑星セドナ(仮)」の名前のもとになった海の女神セドナについての伝説が各種ネットで発見できたので、3種類ほど訳してみました。ちなみにイヌイットとはエスキモーと呼ばれてきた人たちのことです。

共通するのは、
・娘が人間じゃない相手のもとに嫁ぐ
・父親と一緒に実家に帰ることになる
・追ってくる夫(鳥人間)が海を荒らす
・父親は恐れて娘を海に投げ出す
・娘はカヤックの端に手をかける
・父親がそれを切り落とす
・落ちた指はアザラシやセイウチやクジラになる
・娘は海に沈んで女神になる
というパターン。どうしてこれが十番惑星なんでしょう?

※2005年7月発表の「第10惑星」については「第10惑星」は冥王星より遠く、大きい。発見者による解説ならびに裏事情 [絵文録ことのは]2005/08/02を参照してください。
関連記事⇒「第十惑星」セドナ(仮)の発見者は、惑星と考えていない

2004年3月16日01:57| 記事内容分類:天文学・地学, 宗教・神話学| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(2) | トラックバック(4)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

海の女神セドナの伝説

 セドナがどのように海の女神になったかについて、北極圏全体に物語が伝えられている。その物語は地域によって違っている。しかし、どの話でも、若い女性がすべての海の生き物の母となっている。海の女神として、セドナは海の生き物たちを支配し、アザラシ、セイウチ、魚、クジラ、その他の海の動物たちをイヌイットの狩人たちに与えるかどうかを決めている。以下の物語は、多くのセドナ物語をまとめたものである。

 そのむかし、セドナという名前の若い娘がいた。セドナは北極圏に両親と一緒に住んでいた。セドナは母親と父親を大変愛しており、非常に満足していた。その父親は優れた狩人であり、家族をちゃんと養っていた。セドナは多くの食べ物と暖かい毛皮を持っていた。両親の家の快適さが気に入っていたので、結婚を拒否していた。多くのイヌイット族の男たちがセドナを妻にしたいと思い、両親に結婚の許可を求めた。しかし、セドナはそのすべてを断った。両親がもう結婚しないと言ったときにも、伝統どおりに親に従うのを拒否した。

 それからしばらくたって、一人のイヌークがセドナのもとを訪れた。この男はセドナに、たくさんの食べ物と毛皮の服と毛布を与えることを約束した。セドナは結婚することに同意した。そして夫婦になった後、男は自分の島にセドナを連れて行った。島の上で夫婦二人きりになったとき、男はその正体を現わした。それは人などではなく、鳥が人の姿をしていたのだ! セドナは激怒したが、捕らえられ、そこで暮らすはめになった。男はもちろん優れた狩人などではなく、肉も毛皮も持って来れなかった。その鳥男が持ってこれるのは魚だけだった。セドナは毎日毎日魚を食べるのにうんざりしてしまった。

 その島で二人は一緒に過ごしていたが、やがてセドナの父親が訪ねてきた。娘が不幸になっており、夫が嘘をついていたことを知るやいなや、父親はその鳥男を殺した。セドナと父親はカヤックに乗り、家に向けて漕ぎ出した。鳥男が殺されているのをその友人たちが見つけ、その死に対する報復をしようとした。友人たちはカヤックの上空に飛んできて、激しく翼をはためかせた。それによって、巨大な嵐が起こった。波は小さなカヤックに襲いかかり、ほとんどひっくり返りそうになっていた。

 セドナの父親は、この嵐のためにカヤックが浸水することを恐れ、セドナを凍り付いた海に投げ出した。こうすれば鳥は羽ばたくのをやめるだろうと思ったのだ。しかし、そうはならなかった。セドナは海の中に沈みたくはなかったので、父親のボートの端をしっかりつつかんで離そうとしなかった。ボートがひっくり返るのを恐れて、父親はセドナの指を関節一つずつ切り落としていった。このとき、セドナの指の関節それぞれから、別々の海の生き物が生まれた。それは魚、アザラシ、セイウチ、クジラになった。

 セドナは海の底に沈み、そこで力強い精霊となった。その家は今も海底にある。もしセドナに会ったなら、女性の頭と胴体で魚の尾の姿であることがわかるだろう。

 セドナは海の生き物すべてを支配している。これらの動物に頼っているイヌイット族は、セドナとよい関係を保とうとする。そうすれば、セドナは狩人たちに海の動物を捕らえることができるようにし続けてくれるのだ。イヌイット族には、セドナを喜ばせるためにしなければならない掟がある。その一つは、アザラシを殺すとき、塩水ではなく真水を飲ませなければならないというものだ。

 もし狩人が長い間何も捕らえることができないなら、シャーマンは自分自身を魚に変える。この新しい姿で、シャーマンは海の底まで泳いでいって、海の女神セドナをなだめるのである。そのシャーマンはセドナの髪のもつれを解いて、編み上げるのだ。こうすれば女神は幸福になり、怒りを和らげることになる。セドナは指を失ってしまったので、誰かに髪を解かしてもらい、編んでもらうと喜ぶのだろう。セドナが幸福であれば、動物たちを狩人に与えてくれる。動物たちは、イヌイットのための食物・着物・家になるために自らを犠牲にするのをいとわないのだ。

(C) Lenore Lindeman, 1999.



セドナの物語

 セドナはイヌイットの海の女神である。

 セドナはイヌイット神話で非常に重要な登場人物だ。セドナの神話にはいくつかの異なったバージョンがある。ここでは私の好きなものを紹介しよう。

 伝説によれば、セドナは美しいイヌイットの娘で、お父さんと一緒に住んでいた。セドナは非常にうぬぼれが強く、自分は美人すぎるから誰とも結婚しないと思っていた。求婚するためにキャンプにやってきた狩人たちを、セドナは片っ端から断った。ついにある日、父親が言った。
「セドナよ、わたしたちには食べ物がないから、じきに飢えてしまうだろう。お前は夫に扶養してもらう必要がある。だから、次にお前と結婚したいと言ってくる狩人と結婚しなさい」
 セドナは父親の言うことを無視して、水に自分の姿を映して髪をとかし続けた。

 まもなく、父親は一人の狩人がキャンプに近づいてくるのを見た。その男は優雅に毛皮の服を着ており、顔は隠されていたが、裕福なように見えた。セドナの父親はその男に話をした。
「もし妻がほしければ、俺に娘が一人いる。料理もできるし、裁縫もできる。いい妻になるだろう」
 激しく抵抗しながらも、セドナはその狩人のカヤックに乗せられ、新居に連れて行かれた。まもなく二人は一つの島に到着した。セドナは見渡した。そこには何も見えなかった。芝土の小屋も、テントもなく、ただむき出しの岩と崖があるだけだった。その狩人はセドナの前に立ち、フードを下ろしたとたん、声を上げて邪悪に笑った。セドナの夫は人間だとばかり思っていたら、実はワタリガラスが変装していたのだった。セドナは叫び声を上げて走ろうとしたが、鳥は崖の上の開拓地にセドナを引きずっていった。セドナの新しい家は、硬く冷たい岩の上にまき散らされた動物の毛や羽毛の山だったのだ。食べられるものといったら魚だけだった。夫のワタリガラスは、一日中食べ物を探しに飛んでいって、生魚を持って帰ってくるのだった。

 セドナは不幸で、惨めだった。泣いて、泣いて、父親の名前を呼んだ。うなる極寒の風に乗って、セドナの父親は娘の声を聞いた。娘が悲しんでいることを知って、父親は罪の意識に駆られた。そして、娘を救いに行こうと決めた。カヤックに荷物を積み、数日の間、凍てつく北極海を漕いでいって、セドナの家に向かった。到着したとき、セドナは岸に立っていた。セドナは父親に抱きつき、それからすぐにカヤックに乗って、漕ぎ出した。何時間も旅を続けたとき、セドナが振り返ると、遠くに黒い小さな点が見えた。セドナは恐怖が込み上げてくるのを感じた。あの点は自分を探して飛んでくる、怒った夫だとわかったからだ。

 大きな黒いワタリガラスは、海の上で揺れているカヤックに急降下した。セドナの父親はかいをとってワタリガラスを攻撃したが、その鳥は執拗に反撃してきたので失敗した。ついにワタリガラスはカヤックの近くに舞い降り、海の上で翼をはためかせた。恐ろしい嵐が起こった。穏やかな北極海にまもなく荒れ狂う豪雨が襲いかかり、小さなカヤックは揺さぶられた。セドナの父親は非常に恐怖した。そしてセドナをつかんで、カヤックの横から海に投げ込んだ。
「お前の大切な妻はここにいる! 俺を傷つけるな! 娘を連れて行け!」
 セドナは叫び声を上げて逆らったが、氷で覆われた北極の海の中でその体はこごえ始めていた。カヤックまで泳いでたどり着いて、指でボートの端をつかんだ。父親は嵐におびえて、自分だけのことを考えていた。そしてかいをつかんで、セドナの指を叩きつけた。セドナは父親にやめてと叫んだが、だめだった。凍り付いた指は砕け、海の中に落ちていった。恐ろしい夫の力に影響を受けて、海の底に沈んでいくセドナの指はアザラシになった。セドナは再び泳いでいって、父親のカヤックにしがみつこうとした。また父親はかいをつかんで娘の手を叩き始めた。北極の海の中で凍り付いたセドナの手は再び砕かれた。その砕かれた手は海の底に沈み、クジラなどの大きな哺乳動物に変化していった。セドナはもうあらがうことができず、沈み始めた。

 自分の身に降りかかったことに苦しみ、怒り狂っていたがあまり、セドナは死ななかった。そして海の女神となったのである。セドナの仲間はアザラシ、クジラたちで、海の底で一緒に暮らしている。人間に対する怒りは、海の荒れや嵐となって現れる。狩人たちはセドナを大いに尊重している。伝説では、セドナを敬わなければならないと伝えている。世界中からやってきたシャーマンたちは、セドナの長い黒髪のもつれをとかすために、海の底まで泳いでいかなければならない。こうすればセドナは落ち着くのである。これがなされれば、海の恵みとして哺乳動物が解放され、イヌイットはそれを食べる許可が与えられる。狩人がアザラシを捉えた後、その口に水を垂らし、家族を養うことができるようにしてくれたセドナへの感謝を示すのはこのためなのである。

 これがセドナの伝説である。



セドナの伝説

 むかしむかし、白人たちがやってくる前、イヌイットは狩りや漁をしていた。このとき、一人の優れた狩人がいた。その妻はずっと前に娘を残して死んでいた。その狩人は自分で子供を育てた。
 その子供は非常に美しい娘となり、多くの求婚者がその手をとろうとした。狩人は娘を誇りに思っていた。娘はよい衣を織ることができ、だれもそんなにうまくはできなかった。やがて狩人は誰が娘と結婚すべきかを決め、娘を傍らに呼び、「娘よ、私は夫を選ぼう。それはこの男だ」と告げた。
 娘は同意せず、選ばれた男のところに行こうとしなかった。狩人は恥じて怒り、こう言った。
「お前は俺に恥をかかせたな。俺が選んだ男を認めなかったからだ。だからお前は俺の犬のものになれ。父親の名を汚す娘にはそれがぴったりだ」
 その夜、狩人の犬は家に入って娘のもとを訪れ、その夜、夫婦となった。優れた狩人は何が起こったかを知り、またもや恥ずかしく思って叫んだ。
「娘よ、お前は犬と一緒になって俺にまた恥をかかせやがった。お前は一人になるがいい」 そして狩人は娘を連れて行って隔離した。もうこれ以上娘に恥をかかされないようにするためだ。

 しかし、犬の夫は娘を愛した。娘は優しかったからだ。そしてその愛するひとと腹の中の子供を守るために、犬は島に泳いで渡り、食べ物や毛皮の詰まった包みを運んだ。そして、娘は生き残り、何人かの人間と何匹かの犬の子供を産んだ。
 狩人はこのふるまいを知って怒り、犬に気づかれないように包みの中に思い石を詰め込んだ。そして、犬はそれを運ぼうとして泳いでいった。しかし、その包みはあまりにも重く、海は荒れていた。犬は海の底に沈んで死んだ。

 数日後、狩人は一人娘について後悔し、カヤックに乗って食べ物を運んだ。しかし、深く悲しんでいた娘は、自分の犬の子供たちに父親を襲わせたので、帰るしかなかった。父親からの報復を恐れて、娘は自分の子供たちを守ろうとし、犬の子供たちを海の皮のブーツの中に入れ、空の神々が安全に守ってくれることを祈りながら海に流した。そしてその犬の子たちは海に流れていって、白人の祖先となった。もう一方のブーツに娘は人間の子供たちを入れ、また神々に祈って海に流した。その人間の子供たちは流れていって、インディアンの先祖になった。
 こうして娘は一人になり、狩人の食糧もなくなった。狩人のもとに戻るのは恐ろしかった。狩りの前に毎日、狩人は海と娘を眺めようとしていたが、もう一度会いに行く勇気はなかった。

 ある日、狩人が見ると、娘はそこにおらず、姿を消していた。というのも、狩りに出かけている間に、カヤックに乗ったハンサムな男が現われ、美しい娘を見てそこに止まったのだ。「娘さん、私と一緒に来なさい。私は優れた狩人だから、食べ物や家を確保してあげますよ」 男が言うので、娘は付いていった。
 新しい遠く離れた家へ向かう途中で二人は止まり、ハンサムな男は上着を脱いだ。太陽が高く昇っており、カヤックを漕ぐのは大変な仕事だったからだ。娘はいきなり泣き始めた。目の前にいるのはハンサムな男ではなく、北のフルマカモメ(鳥男)だったからである。目は黒く、筋肉は盛り上がっていた。人間の着物を着る必要がなくなって、カモメはすばらしいスピードで漕いでいき、まもなく二人は巣のテントに到着した。
 時が経ったが、カモメの言葉には嘘はなかった。食べ物も、暖かい家も与えられており、娘も不足はなかったのだ。そして子供が一人できた。

 父親の狩人は後悔して娘を捜し続けていた。そして何年も旅した後、カモメの土地で娘を見つけた。父親が到着したときカモメは不在で、娘を見たとたん父親は泣き出した。
「娘よ、許してくれ。家に帰ろう」 そういって父親は娘を抱き上げ、カヤックに乗せて家に帰り始めた。
 カモメは家に帰って、妻がいないのを知った。そして妻を救い出そうとし、鳥の姿で飛んでいけば妻を取り戻せるだろうと考えた。カモメが父親を引き換えさせようとして舞い降り、その翼が水を打った。波が大きくなってカヤックをひっくり返しそうになった。父親は死ぬのを恐れて娘を投げ込んだが、娘はカヤックに指でつかまった。
 狩人は恐怖におののき、ナイフを取り出した。そして指を切り落としたのだ。それは海に落ち、アザラシになって泳いでいった。狩人はもう1本の指を切った。それはセイウチになった。狩人は3番目の指を切った。それはアゴヒゲアザラシになった。指を切るごとに、それは海の動物になった。
 ついにカヤックをつかむことができなくなって、娘は海の底に沈んでいった。海に沈むとき、月の精霊(タトケック)と空の精霊(シラ)が一緒になって言った。
「あなたの苦難のために、私たちは力を与えてあげましょう。そして、イヌイットの守護者になることでしょう」それと同時に、セドナは生まれ変わって海底の王国を築き、そして犬の夫と再会した。
 父親は逃げることができたが、ある日、娘のことを思い出して後悔し、岸辺に横たわって娘に許してほしいと訴えた。狩人が眠ったとき、潮が満ちて、娘と再会することとなった。そしてみんな海の底で暮らすようになったのだ。

 今、イヌイットが他のイヌイットや大地に逆らったとき、セドナは海の哺乳動物を供給しなくなり、海は荒れ、空は嵐となり、怒りを人々に示す。そうすると、シャーマンが海底の王国に潜っていき、その問題の原因を発見して、人々にそれを解決し、改めるよう告げる。そうすればセドナはなだめられ、天候は落ち着き、海獣たちも現れるので、イヌイット族は飢餓に陥らなくて済むのである。
 場合によっては、シャーマンはセドナを訪問するような状態のトランスに入ることもあるし、水の中で呼吸する能力が与えられることもある。セドナは櫛をもっている。シャーマンが訪れたときにはその櫛で髪を解かさなければならない。セドナは指がないので櫛を自分で持てないからだ。

関連記事⇒「第十惑星」セドナ(仮)の発見者は、惑星と考えていない

【広告】★文中キーワードによる自動生成アフィリエイトリンク
以下の広告はこの記事内のキーワードをもとに自動的に選ばれた書籍・音楽等へのリンクです。場合によっては本文内容と矛盾するもの、関係なさそうなものが表示されることもあります。
2004年3月16日01:57| 記事内容分類:天文学・地学, 宗教・神話学| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(2) | トラックバック(4)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

トラックバック(4)

※当ブログへトラックバックされる場合は必ずこのページへのリンクを入れてください。こちらへのリンクのない一方通行トラックバックは承認されません。

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/195

新しく太陽系で2番目に赤い惑星のような天体が見つかった.「Sedona」と名づけられたこの天体は去年の11月Spitzer天体望遠鏡で見つけられた. NASA - Planet-Like Body Discovered at Fringes of Our Solar Sy... 続きを読む

昨日とりあげた太陽系10番目の惑星を確認 NASAが発表への惑星の名称、イヌイットの海の女神セドナの伝承について、第十惑星セドナ(仮)の伝説 : ウェブログ@ことのはで詳... 続きを読む

退屈をブッつぶせ! - 無事帰還を祈る (2005年7月30日 15:34)

「太陽系10番目の惑星発見 冥王星の1.5倍か」(産經新聞)  太陽系で10番目となる新たな惑星を発見したと、米航空宇宙局(NASA)が30日、発表した。惑星は冥王星... 続きを読む

Sankei Web 社会 太陽系10番目の「惑星」 140億キロ以上のかなた(07/30 10:53)  太陽系で10番目となる新たな惑星を発見したと、米航空宇宙局(NASA)が30日、発表した。... 続きを読む

コメント(2)

セドナ Sedona 発見、感激であります!
これからも、いろんな天文学上のトリビアも含めた新発見楽しみです。

初めまして。
私は、13歳の中学生です。
「国語」と書くと、びっくりするかもしれませんが、夏休みの宿題で、「宇宙の謎」について、調べています。(テーマは自由)
冥王星の謎について、、特に知りたかったのですが、あるプリントを見て、「セドナ」が分からなかったので、検索をしたら、ちょうど、このサイトが出てきました。
とても素晴らしいですね!
このサイトを更新するときには、メール下さると有難いです。
これからも、研究、素晴らしいものになるように・・・と、応援しております。
あと、最後になりますが、質問なのですが、このサイトに載っている画像や、記事は、使ってもよろしいのでしょうか?!
お返事くだされば有難いです。
また、お返事ではなくても、サイトの一番下にでも、良いか、よろしくないかということを載せてくだされば幸いです。

長々と失礼しましたm(__)m

コメントする

OpenID対応しています OpenIDについて

このブログ記事について

このページは、松永英明が2004年3月16日 01:57に書いたブログ記事です。
同じジャンルの記事は、天文学・地学宗教・神話学をご参照ください。

ひとつ前のブログ記事は「ジェームズ・アレン・ネットをMovableTypeで構築」です。

次のブログ記事は「「第十惑星」セドナ(仮)の発見者は、惑星と考えていない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。
過去に書かれたものは月別・カテゴリ別の過去記事ページで見られます。