「絵文録ことのは」について

●概要
「情報を編集する」という観点でものごとを見ていくウェブログ(ネット上の記録)です。編集・執筆についての話、他の人に情報を伝えるためのデザイン、情報加工、メディア・リテラシー、マスコミ報道に関するチェック記事などの話題を取り上げています。もっとも、興味深い内容についてはジャンルを問わず扱います。
2004年5月 3日13:31| 記事内容分類:更新・お知らせ| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(0) | トラックバック(1)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

●「ことのは」とは
 古語で「ことば」「和歌」のことですが、ここでは「ことば」の意味でもっぱら使っています。ちなみにタイトル画像の中にある「Weblogus Linguae」はラテン語「風」表記で「ことばのウェブログ」という意味です。
●リンクについて
 <a href="~">タグによるリンクは「参照」ですから、著作権上も何ら問題ありません。どのページへもご自由にリンクしてください。事前に許可を求めないでください。
ただし、<iframe>タグによってあなたのページの中に表示を取り込む場合は、明らかにあなたのサイトではないということが誰の目にもわかるようにしてください。不十分な場合は盗用となりますので、それなりのリスクを覚悟しておいてください。
●リンク方法
 ウェブログの各記事には個別のURLが存在しています。「この記事のリンク用URL 」というところから飛べるURLは固定となっています。トップページの記事は時間が経つと消えていきますので、できれば個別URLの方にリンクすることをお勧めします。
●このウェブログの著作権
 このウェブログの著作者はことのは編集室松永英明です。そして、執筆して公開した瞬間、日本の著作権法によれば、松永の著作権が発生しています。ただし、他の人によるトラックバックやコメントについては、それぞれの著者に著作権が存在します。
参照ならびに適切な引用については、著作権法の規定によりだれもが自由に行なえます([[「引用」は無断でやるのが当たり前:http://www.kotono8.com/2003/12/12.html]]参照)。また、ネット上ではできるだけ著作権的に緩めるのが理想だと思いますので、基本的に無償媒体での使用については「出典の明記」があれば問題ありません。ただし、ここでの内容を使って利益を得る場合は事前にご連絡ください。基本的にお断りすることはありませんのでお気軽に。
●執筆者
 ことのは編集室松永英明です。以前は他の人も参加するはずでしたが、結局一人で書いています。
●連絡先
 メールはmatsunaga@kotono8.com、MSN メッセンジャーはkotono8@hotmail.comです。
●関連記事
本当に訪問者が知りたい20の質問
ネットマナーを考える100の質問
●経歴
 このサイトの主な経歴は以下のとおりです。これ以外の詳細はウェブログ自体に書かれていたりします。
  • 2003年09月09日:「ウェブログ@ことのは」開始。
  • 2003年10月03日:「はじめてのウェブログ」開設。
  • 2003年10月29日:「女子十二楽坊資料館」開設。
  • 2003年11月03日:「土佐日記ブログ」開始。
  • 2003年11月05日:アクセス急増のためにレンタルサーバーが耐えきれずアカウント一時停止。はてなダイアリーに退避。以後インフォーマル版として利用
  • 2003年11月06日:ロリポップ!サーバーに引越し。
  • 2003年11月23日:「フォトログ@ことのは」開設。
  • 2003年12月12日:Blog of the Yeah!2003にて「ベストアーティクル部門」3位入賞。
【広告】★文中キーワードによる自動生成アフィリエイトリンク
以下の広告はこの記事内のキーワードをもとに自動的に選ばれた書籍・音楽等へのリンクです。場合によっては本文内容と矛盾するもの、関係なさそうなものが表示されることもあります。
2004年5月 3日13:31| 記事内容分類:更新・お知らせ| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(0) | トラックバック(1)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

トラックバック(1)

※当ブログへトラックバックされる場合は必ずこのページへのリンクを入れてください。こちらへのリンクのない一方通行トラックバックは承認されません。

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/217

【日々是ブログ】のトラックバックの作法からドキッとした一節を引用。 ブログを家と例えるならば、トラックバックやコメントは玄関にあた るのではないでしょうか。 これはスゴイな... 続きを読む

コメントする

OpenID対応しています OpenIDについて

このブログ記事について

このページは、松永英明が2004年5月 3日 13:31に書いたブログ記事です。
同じジャンルの記事は、更新・お知らせをご参照ください。

ひとつ前のブログ記事は「「ウェブログ@ことのは」改め「絵文録ことのは」」です。

次のブログ記事は「サイトのデザイン・リニューアルの覚書」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。
過去に書かれたものは月別・カテゴリ別の過去記事ページで見られます。