「輸入権」の根本解決法は「関税」だ

建設的な話をしよう。反対だけでは仕方がない。代案を出そう。

「日本で原盤が製作されたCDの海外(特にアジア)盤を輸入制限したい」という発想を、「著作権法」によって「輸入禁止できるようにする」という方法で解決しようとするから変なことになるのだ。

この法案を進めているAVEXの依田さんを始めとする人たちにも、海外(特にアジア)盤ファンにも納得できる落としどころがある。そして、単に安いから海外盤というのではなくてファンだからこそ聴きたいという人たちの選択の自由を守ることができる。

しばさんが書いていたアイデアが最適解じゃないだろうか。
それは、「関税をかければいい」ということだ。

2004年5月14日02:46| 記事内容分類:著作権, 音楽| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(48) | トラックバック(6)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

2004/05/13(はてなダイアリー - 日記ちょう)からポイントだけを引用すると……

音楽CDの輸入盤の是非が話題ですけども、良い悪いはちょっとおいといて。なんで輸入盤禁止なんかにしちゃうんだろう。昔から得意だった国内産業保護のための関税措置を取ればいいんじゃないの? そしたら輸入盤しかない音楽を買えなくなる事態は多少はなくなるんじゃないの。もちろん高くなるけど。

つまり、こういう仕組みだ。

今問題になっているのは、海賊版ではない(なんで先に海賊版対策をやらないのかが不思議なのだが)。「日本で原盤がプレスされているCDで、海外で作られたもの=還流盤」が日本に入ってくるのを制限したいわけでしょ? 国内で作ったやつが高くて売れないって言うんだから(もちろん、その前に売れるような努力をしろというのはあるわけだが、ひとまず不問に付す)。

そもそもの立法趣旨は「海外盤が安いので、ドンキとかで海外還流盤が安く売られまくったら、国内盤が売れなくなるかも」ということなのだから、だったら高くすればいい。そのための「関税」じゃないんですか? それでも買いたい「海外盤も欲しいファン」が買う「自由」は守られるし、国内産業の保護もされるわけだし。

(まあそれでも安くする努力をしないと、結局は売れないと思いますけどね)

で、関税を使うということは、著作権じゃないよね(そもそも、還流盤だと著作者の権利が守られないというような話がすでに論点をずらされてるわけです。正規盤なんだから)。

還流盤をシャットアウトするのではなく、国内レベルとあまり変わらないところまで関税をかけて、国内盤を保護する。これならば買えなくなるわけじゃない。選択の自由は守られる。問題は価格だが、それは「値段に見合ったよいものを作る」か、それとも「安くして競争力を高める」か、いずれにしても国内の企業が努力すべき問題だろう。

で、実際問題、アジアからの還流盤といっても言うほど安くないんだよね。関税かけるとしても少しで済むと思うよ。

というわけで、著作権法によって還流盤を輸入阻止してしまうから問題が生じるのであって、関税を使えば丸く収まるんじゃないの、という提案をしてみたいと思います!

(※といっても、これは本来の「大義名分」を彼らのいやがる方法で実現しようというものなので、すごく嫌がられる提案でしょうね。うけけ。しかし、彼らが「本当に」還流を止めるだけのことを言っているのか、それとも利権を絡めているのかという「踏み絵」にはなると思いますね。それと、本来これは著作権法で扱うべきではない議題、という点は絶対に見逃さないでいただきたいです)

(※あと、「声明文」を批判されてむかつくという人が数人脊髄反射的に来て極論を感情的にぶつけたりしているようですけど、それって声明文をまじめにやってる人たちに失礼だと思いません?私はもう関係ないことですけど)

【広告】★文中キーワードによる自動生成アフィリエイトリンク
以下の広告はこの記事内のキーワードをもとに自動的に選ばれた書籍・音楽等へのリンクです。場合によっては本文内容と矛盾するもの、関係なさそうなものが表示されることもあります。
2004年5月14日02:46| 記事内容分類:著作権, 音楽| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(48) | トラックバック(6)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

トラックバック(6)

※当ブログへトラックバックされる場合は必ずこのページへのリンクを入れてください。こちらへのリンクのない一方通行トラックバックは承認されません。

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/227

著作権法改正が、輸入CD規制に問題がすり替えられてしまっているという話が今朝の日経新聞の社会面にも載りました。スラッシュドットジャパンでも熱く語られています。この問題に最... 続きを読む

絵文禄ことのはにこんなエントリーが投稿された。 CD輸入権問題の本質は著作権ではなく、したがって経済法の分野で解決すべき、といった趣旨のことは以前にも書いたし、文化庁にも送... 続きを読む

絵文禄ことのはにこんなエントリーが投稿された。 (業界側が主張する意味での)CD輸入権問題の本質は著作権ではなく、したがって経済法の分野で解決すべき、といった趣旨のことは以... 続きを読む

──ちょっと間を開けての更新。 自分のなかで、 情報の入力と出力とのバランスを取るのが 難しくなって来ているというか‥‥ それはともかく。 http://copyrights.livedoor.biz/ 「私たち音楽... 続きを読む

──ちょっと間を開けての更新。 自分のなかで、 情報の入力と出力とのバランスを取るのが 難しくなって来ているというか‥‥ それはともかく。 http://copyrights.livedoor.biz/ 「私たち音楽... 続きを読む

コメント(48)

>国内レベルとあまり変わらないところまで

どころの話でなく、国内盤の2割増しぐらいにまでいかないと、業界的には納得できないと思いますよ。 実際にEMIのCDの場合にも、HMVなんかの場合では、EU盤CCCDが2300円でUK仕様盤CD-DAが3200円というのはいくらでもありますから、日本人アーティストのアジア盤を日本で販売する場合には3500円位にする代わり、輸入禁止にしないと云うのであれば、自分的にはむしろそれでいいと思うぐらいなんです。本当に欲しいならその金額でも涙をのんで買いますし、輸入禁止にされるぐらいなら、むしろその方が良いと思うぐらいで。

欧米盤については、安いけれども格差がまだ小さいから認める、というような論調もあるので、その辺は大丈夫じゃないかと思います。
まあ、高めでも欲しいなら涙を呑んで買うので、禁止にだけはしないでほしい、というのは私も同じです。

関税では何の解決にもなりませんよ。彼らが問題にしているのは価格ではないんですから。
関税を取って、そのお金はどこに行くと思いますか? 日本のメーカーに入るとでも思うんですか? しかも日本のメジャーメーカーは外資のブランチですよ。彼らが欲しいのは市場を自由に仕切る利権です。表面上の価格がたとえ同じ(もしくは国内盤が安価)になったところで、この問題が解決したとはいえないのです。だから彼らはこれほどまで醜い行動をしているのです。金を払って済む話なら、これほどまで我々は騒がなかったでしょうし、大事にはいたらなかったはずです。もう一度問題の原点に戻って、よく考えてみる必要があるのではないでしょうか。こんなこといっていると輸入禁止になった上、国内盤の値上げをする暴挙を許す結果になりかねません。

声明文に噛み付くような方ですからどんなにすばらしい考えをお持ちなのか拝見させて頂きましたが、あなたの意見の方がファン軽視のことをしていようとしていますね。それともアジア盤CDが1万円になってもあなたは喜んで購入するんですか?

声明文に噛み付くような方ですからどんなにすばらしい考えをお持ちなのか拝見させて頂きましたが、あなたの意見の方がファン軽視のことをしていようとしていますね。それともアジア盤CDが1万円になってもあなたは喜んで購入するんですか?

声明文に噛み付くような方ですからどんなにすばらしい考えをお持ちなのか拝見させて頂きましたが、あなたの意見の方がファン軽視のことをしていようとしていますね。それともアジア盤CDが1万円になってもあなたは喜んで購入するんですか?

声明文に噛み付くような方ですからどんなにすばらしい考えをお持ちなのか拝見させて頂きましたが、あなたの意見の方がファン軽視のことをしていようとしていますね。それともアジア盤CDが1万円になってもあなたは喜んで購入するんですか?

声明文に噛み付くような方ですからどんなにすばらしい考えをお持ちなのか拝見させて頂きましたが、あなたの意見の方がファン軽視のことをしていようとしていますね。それともアジア盤CDが1万円になってもあなたは喜んで購入するんですか?

声明文に噛み付くような方ですからどんなにすばらしい考えをお持ちなのか拝見させて頂きましたが、あなたの意見の方がファン軽視のことをしていようとしていますね。それともアジア盤CDが1万円になってもあなたは喜んで購入するんですか?

声明文に噛み付くような方ですからどんなにすばらしい考えをお持ちなのか拝見させて頂きましたが、あなたの意見の方がファン軽視のことをしていようとしていますね。それともアジア盤CDが1万円になってもあなたは喜んで購入するんですか?

声明文に噛み付くような方ですからどんなにすばらしい考えをお持ちなのか拝見させて頂きましたが、あなたの意見の方がファン軽視のことをしていようとしていますね。それともアジア盤CDが1万円になってもあなたは喜んで購入するんですか?

声明文に噛み付くような方ですからどんなにすばらしい考えをお持ちなのか拝見させて頂きましたが、あなたの意見の方がファン軽視のことをしていようとしていますね。それともアジア盤CDが1万円になってもあなたは喜んで購入するんですか?

死ね

声明文に逆らうようなヤツはやっぱりバカ

さすがは声明文に噛み付くようなヤツ

なんか、私の書き込みでヘンな誘発してたらゴメンなさい。1万でも2万でも価値を認めれば、カネは払いますよね? ただ、もう一個だけ言わせてください。もしもこの法案が通ってしまった場合、いちばん最初に不利益をこうむるのがアジアンミュージック好きの方々であるのは、もはや疑いようがありません。私のようにアジアンミュージックがなくても、欧米インディーがあるという考え方なら、レーベル直販なんてことも可能で、しかもどう考えても漢字のタイトルは表記してありませんので、小さな期待を持つことも。しかし、アジアンものとなると、還流盤とカン違いされることは極端に増えるでしょうし、最悪の場合ぺんぺん草も生えない状態になると思います。いま、あなた達がやることはこの法案の絶対阻止以外にないと思います。附帯なんて、生やさしいものじゃダメです。とにかくまず阻止すること。それしかありません。廃案のために行動しましょう。行動あるのみです。

声明文に噛み付くようなお方はさすがです。冷静になりなさいね!藁

poliさん、「著作権法じゃなくて関税で」というここでの主張は、今の改正案を付帯決議も含めて廃案、絶対阻止ということだと思いますよ。

声明文に噛み付くような方ですからどんなにすばらしい考えをお持ちなのか拝見させて頂きましたが、あなたの意見の方がファン軽視のことをしていようとしていますね。それともアジア盤CDが1万円になってもあなたは喜んで購入するんですか?

声明文に噛み付くような方ですからどんなにすばらしい考えをお持ちなのか拝見させて頂きましたが、あなたの意見の方がファン軽視のことをしていようとしていますね。それともアジア盤CDが1万円になってもあなたは喜んで購入するんですか?

medさん、だったら関税の話なんか持ち出す必要ないじゃありませんか。レコ協への交換条件? 彼らは元からそんなもの望んでないから、今回の暴挙に出たわけでしょ? とにかく、我々の最低条件が現状維持ですよね。それ以上のアドバンテージを業界側に渡す必要などないんですよ。彼らが儲からないのはCDを買ってる人間のせいじゃありません。CDを安くすれば売れるっていうデータは、山ほど出てるんですから。

ほんとうに好きな音楽であれば、いままで支払ってきたのが音楽ファンではなかったですか?LP2800円の時代から、現在の廃盤中古バカ高値まで。買えない時にはあきらめたし、買いたければ他の支出を削って買った。嫌ですけどね。音楽ファンにもいろいろです。アーティストの意志を汲むつもりでオリジナルを買う人もいれば、理解の助け(ライナーや対訳)が欲しい人もいる。アジア音楽ファンにはその2極化が極端な場合もあるし、コレクターとして各国verを集める人も多いです。アジアと一口に言っても、政治・経済で様々事情もあります。日本の音楽の輸出がぜひとも大成功をおさめて欲しいものです。

すみません。名前入れ忘れました。21はpoliです。
ただ、ちょっと、だんだんコピペ野郎の肩を持ちたくなってきた。彼らが輸入業者を兼ねている以上、国にカネを払うつもりなんてないに決まってるじゃないですか。そんなカネがあったら献金してますよ、きっと。

あっちゃー、キッツいなあ、ここの人たち。連カキ許してね。
いま、この法案から見えてくるものは、国内価格の表面上の均一化ではないのです。法案が通れば、それもしてくるとは思いますが、それよりももっと手に入れたいものがあるんです。どんな価格であろうと黙って買う消費者、その市場を合法的にコントロールするツールとしての法なんです。関税を提案しても無意味ですし、妥協点を探っても見つからない。なぜなら理不尽だからです。理不尽でも法の元では効力を発揮します。手をこまねいていたら、あなた方アジアンミュージックファンは完全に全滅しますよ。

わたし自身はこの法案阻止に対して、個人でやれることは全てやってしまった、と考えていた時に松永氏のご意見に出会いました。なるほど、と思いました。もちろん、法案阻止のためにまた賛同できることがあればそれはします。松永氏のご意見は、もし万が一法案が通ってしまった場合の次のアクション、参考意見程度にお読みになれば、とおすすめします。ここに書き込みされることは、法案阻止のためにはあまり力にならないのではないでしょうか?(松永さんごめんなさい!)わたしから申し上げられることはそれしかありません。

声明文に噛み付くような中共の犬は日本から出て行け

声明文に噛み付くような方は結局反日に決まっている
そんなに日本が嫌いなら日本から出て行け
それともお前は在日か
キムチ臭え

声明文に噛み付くくらいの方はやっぱり反日在日
キムチ キムチ キムチキムチ キムチ キムチ
運動の足を引っ張るな

そんなに、輸入盤が買いたければ、東南アジアでも移住すれば!!

声明文に噛み付くような方ですからどんなにすばらしい考えをお持ちなのか拝見させて頂きましたが、あなたは自分の利益を守ろうとしているだけですよね。日本の利益にならないので消え失せてください。

>poliさん
松永さんが「関税」といってるのは、レコード協会への皮肉ですよ。

「輸入権に拘るのは還流防止以外の目的があるんだろ?還流防止なら関税で十分だよね?関税じゃレコード会社の懐には一銭も入らないけどな。うけけ。」

という意味だよ。

それを理解できてないから、あなたの意見は論点ずれまくり。

からし男さん>
だったら、皮肉になってなってないよ。そんなこと、当然むこうは先に考えてることなんだから。もっと考え付かない方法で代案出さなきゃ、鼻で笑われるだけじゃん。ま、そもそも代案て考え方自体、ナンセンスなんだけどさ。

>Poliさん
あなたはまるで松永氏の発言の真意を理解できてないようですね。
上のMichaelさんのblogの中にある言葉
 「この代案が成り立たないということ自体が輸入権の本質を突いているわけだが。」
まあ、どうせ松永氏憎しで凝り固まってるあなたには、この言葉の意味も理解できないのでしょうが。

からし男さん>
あなたの松永氏マンセーな態度も目に余るものがありますね。
というか、議論を戦わせてどうのというよりもまず個人攻撃ありき的な発言の上に相手の発言を理解しないことが一番の問題です。
もっとも読むに値しない駄文をweblogに書いているようなあなたですから、文章の書き方云々をくどくどと書いても理解しようとしないのでしょうけどね。

からし男さん>
私は別に憎くてこんなことに時間を費やしていない。そんな馬鹿げた時間の使い方はしたくないし、松永というヒトがどんなヒトかよく知らん。最初にここに書き込んだ後、多少遡ってblogを読んでみたが、輸入権のこと以外興味なかったし、私は中卒で頭悪いし。それよりも、今回の法案に反対している人たちの考え方をブレさせてしまう方が重大だと思ったから、書き込んだだけ。こんなチンケな論で意見が走り始めたら、それこそ音楽業界の思うツボじゃん。どう考えたってここの文脈から皮肉としての意味が私には読み取れないし。あなたが私に反論してることも、なぜだか理由がわからないし。あなたが松永さんの代弁するんならそれでもいいけど、どこをどう読むと皮肉になるの? レコ協は還流盤のことを考えたとき、まず絶対に関税をかけることを選択肢のひとつとして考えたはず。で、葬り去ってるはず。相手が捨てた案を皮肉として代案っておかしくない? こんなの読んで、正直に納得する人がでたりすると困るんだよ。

すんまそん。またもや連続カキコです。許してください。
>からし男さん
なんか、私が間違ってるのか? と不安はずーっと持ってるので、いまいちど色々と読み返しました。ここも輸入権に関する部分はすべて読みました。で、あなたが言った「皮肉」というのと、ここのコメントの2番で松永さんが言ってることに、整合性が見つけられない。やっぱ、松永さんはマジで言ってんじゃないの? 小売価格のこと、普通に話してるし。表面上の価格の均一化なんて、たぶんこの法案では問題じゃないんだよ。レコ協はそういう言い方をしていたこともあるけど、彼らが望んでるものは自分達の利益で、価格は後の話だとわかってやってるでしょ。利益が阻害されてることの説明に使ってるだけで。もし、ここの関税措置で代案ちゅうのが本気だとしたら、まずいよなあ。ここまでのコメントを全部読んでくれればいいけれども、頭のところだけ読んで、納得されたらかなわんなあ。ヘタに代議士とかにメール送られたら、最悪だよ。松永さん、もしかして私のせいでこのコメント欄がぐちゃぐちゃになってるんだったらあやまります。ただ、この記事削除できませんか? これまずいですよ、どう考えても。

中卒で頭悪いという自覚があるのなら発言を控えてはいかがでしょうか。

>からし男
こりゃまた、魚並みのベタな脊椎反応ありがとうございました。で、弁明はいつですか。

言葉の通じない人に何をいっても無駄ですので。

>からし男
>言葉の通じない人に何をいっても無駄ですので。
おまえが一番日本語通じてないよ。

>からし男
言葉が通じないって、からし男さんは日本人じゃなかったんですね。それは知りませんでした。もう無理しなくていいですよ。あ、それと、署名サイトのBBSで憂さ晴らしの書き込みしてらっしゃいますが、あれを揚げ足取りとはいわないんですよ、日本では。特に最初のほう。あれは疑問を呈していらっしゃるので、「回答」というんですよ。がんばって勉強してくださいね。さようなら。

ホント頭悪いくせにしつこいねえ。

アジア還流盤に関する問題については、謎工氏も、小倉弁護士も、声明文を出した高橋健太郎氏も、松永氏と見解は一致してるんだよ。

音楽関係者の声明文がああいう形になったのは、意見をまとめる時間がなかったからやむを得ない措置であって、謎工氏、小倉氏、高橋氏、松永氏、みーんな還流防止措置そのものに反対なんだよ。

松永氏が関税という譲歩案を提示したのも、これがアジア還流盤対策としては有効であるにも関わらず、レコード会社にはメリットがないから受け入れられない提案だということを知ってて、わざと提案してるんだろ。

それを真に受けて反論してる奴がバカなの。

>からし男
しつこいのはおまえの方だよ。
松永氏本人でもないのに、さも松永氏はこう述べているようなことを言った上で相手を攻撃しているんだろ?
松永氏から真意が述べられていない以上、おまえの言っていることは推測でしかないのに断言している時点でおまえの方がいわゆる松永氏の言うところの
>声明文賛同者ではなく、第三者の愉快犯(またはそれこそ足を引っ張ろうとする連中)なのです。
じゃねーのか?

内容が何であれwとかqとかいう奴が一番の荒らし

えっと、みなさーん。
署名活動をしているサイト「海外盤CD輸入禁止に反対する」の署名用紙にある、「請願趣旨」をご覧になったことはおありで?
署名だけが反対活動ではないことは承知しておりますし、
みなさま、それぞれに活動なさっていることには、ほんとうに敬意をもっております。皮肉ではありません。みなさま、頑張りましょう。一丸になる必要はないと思っています。それぞれで、何も問題はないと思います。

>からし男

>ホント頭悪いくせにしつこいねえ。

おまえもな(藁
見解が一致していることなどおまえに言われなくても百も承知だ。
それと私がここで訊ねていることにどんな関連性があるのだ?
私が訊ねているのは以下の部分だ。

>レコード会社にはメリットがないから受け入れられない提案だということを知ってて、わざと提案

だから「わざと」提案しているという根拠はどこにあるんだ。この記事ではおまえが主張している「わざと=皮肉」か「本気」かわからんから訊ねているんだ。
松永とやらが出てくることさえ一度としてないのに、おまえはさも自分の意見のように代弁している。
おまえは松永と一心同体なんだろうから答えてくれよ。

そして、もっと大きな疑問は、代案など提示する意味がどこにあるのか、だ。
これだけ多くのリンクが貼られているサイトにおいて、ミスリードを助長する必要はないだろうと言いたいんだ。
「廃案にするために関税措置を」などという意見が走り始めたら、この活動は意味が変わってくるぞ。
関税措置なら反対意見は激減するぞ。
ここの記事のタイトルをよく読め。『「輸入権」の根本解決法は「関税」だ』。
よく平気でこんなことが書けたよな。
そして、からし男よ。よくこの意見に同意できたよな。擁護できたよな。
冗談いってる場合じゃねえんだよ。

無記名の状態で荒らしと抜かしている50のような奴が荒らしだよな。

少し見ていないうちに「松永とやら」とまで言われてしまっていますが、2チャンコロのような人も入ってきたようで荒れる一方なのでコメント欄を閉鎖します。

コメントする

OpenID対応しています OpenIDについて

このブログ記事について

このページは、松永英明が2004年5月14日 02:46に書いたブログ記事です。
同じジャンルの記事は、著作権音楽をご参照ください。

ひとつ前のブログ記事は「「べき」という言葉はどう使うべきか」です。

次のブログ記事は「バージョンアップしません」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。
過去に書かれたものは月別・カテゴリ別の過去記事ページで見られます。