実用的文章を作るのは容易である

 実用的文章が本来持っている約束はすでに述べたとおりであるが、さて、この実用的文章を性質上から分類してみると、何通りもないものである。

 魏伯子((【魏伯子】魏際瑞(1620-1677)、字は善伯、原名は祥。17歳のときに際瑞と改名する。魏禧の兄で、伯子先生と呼ばれる。幼いときから学問を好み、記憶に優れ、兵・刑・礼制・律法の各部門で研究を深めた。20歳のとき、すでに三尺以上の詩文を書いていた。著書に『魏伯子文集』十巻、『雑俎』五巻、『四此堂稿』十巻がある。『与師弟論文書』は中国古代現実主義文学の中の傑作。))が「詩文は情(叙情詩)と事(叙事詩)と景(叙景詩)のどれかである」と言っているが、実用的文章であれば、

  • 実用的文章は
    • 事を記録する
    • 事を説く
    • 意を伝える
    • 情に訴える
    • 以上四種または三種または二種の混合

にすぎないのである。

 報告だの記録だの契約だのは「事を記録する」のである。

 論難だの解釈だの批評だのは「事を説く」のである。

 命令したり主張したりするのは「意を伝える」のである。

 勧誘したり陳謝したりするのは「情に訴える」のである。

 言い換えれば、芸術的文章が情という経路を取って人の思いに訴えるのとは違って、実用的文章は直接に人の知に訴え、意に訴え、情に訴えるものである。そして、その分量を言えば、知に訴えることが最も多くて、情に訴えることが最も少ないものである。

 しかし、人の何に訴えるにしろ、とにかく実用的文章は、記すべき事柄、説くべき理屈、伝えるべき意思、訴えるべき情といった内容がまず存在して、そして後に文章が作られるわけであるから、直接的には何もないところから作り出される芸術的文章とは大いにわけが違って、品物があればそれで場所がふさがるような道理によって、おのずから文章は容易に書かれるべきである。

 そう、実用的文章はおのずから容易に書くべき道理があるのである。

2004年11月 8日17:29| 記事内容分類:普通文章論| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(0) | トラックバック(0)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:
【広告】★文中キーワードによる自動生成アフィリエイトリンク
以下の広告はこの記事内のキーワードをもとに自動的に選ばれた書籍・音楽等へのリンクです。場合によっては本文内容と矛盾するもの、関係なさそうなものが表示されることもあります。
2004年11月 8日17:29| 記事内容分類:普通文章論| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(0) | トラックバック(0)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

トラックバック(0)

※当ブログへトラックバックされる場合は必ずこのページへのリンクを入れてください。こちらへのリンクのない一方通行トラックバックは承認されません。

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/293

コメントする

OpenID対応しています OpenIDについて

このブログ記事について

このページは、松永英明が2004年11月 8日 17:29に書いたブログ記事です。
同じジャンルの記事は、普通文章論をご参照ください。

ひとつ前のブログ記事は「実用的文章は手段であって目的ではない」です。

次のブログ記事は「「書簡録」はじまりです」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。
過去に書かれたものは月別・カテゴリ別の過去記事ページで見られます。