アロマテラピーアドバイザー

出典: 閾ペディアことのは

アロマテラピーアドバイザーは、社団法人日本アロマ環境協会が認定する資格の一つ。

精油、その他の材料の使用法やリラクセーション、リフレッシュ等のアロマテラピーの効用の知識を持ち、安全性や法律面から正しく社会に伝えることのできる能力を認定する資格。

販売に携わったり、一般の人に安全なアロマテラピーをアドバイスするために適している。

アドバイザーになるには

  1. アロマテラピー検定1級に合格する。
  2. (社)日本アロマ環境協会に入会する。
  3. アロマテラピーアドバイザー認定講習会を受講する(認定校・認定教室での講座を受けていると、この講習会受講が免除される)
  4. 登録手続きをとる。
  5. 顔写真入りの資格認定会員証が届く。

次の資格

  • アロマテラピーインストラクター試験を受けて合格し、登録手続きをとると、アロマテラピーインストラクターに認定される。
  • アロマセラピスト学科試験・ボディトリートメント実技試験/カルテ審査を受け合格し、登録手続きをとると、アロマセラピストに認定される。

関連リンク

(社)日本アロマ環境協会によるアロマテラピー関連資格


個人用ツール
ツールボックス
このウィキのはてなブックマーク数 この記事をはてなブックマークに追加