エーレンシュタイン効果

出典: 閾ペディアことのは

エーレンシュタイン効果は、十字路の部分が抜けた格子線分の間に明度差が感じられる現象。

十字路の間の円形の範囲が、白背景の場合にはいっそう明るく、黒背景の場合にはいっそう暗く感じられる。

4本の線の端に生じる局所的な明度対比が円領域全体に拡散した結果と考えられている。

関連:ネオンカラー効果


個人用ツール
ツールボックス
このウィキのはてなブックマーク数 この記事をはてなブックマークに追加