ネオンカラー効果

出典: 閾ペディアことのは

ネオンカラー効果は、エーレンシュタイン図形の十字路を色線でつないだとき、その色が線からにじみ出して広がるように見える効果である。

同様の効果は、明度の異なる無彩色(グレー)を配しても生じる。

十字線分の明るさが、背景と格子線分の明るさの中間に入る必要がある。

色相敵には、緑や黄よりも、赤や青の方が効果が強い。

ベゾルト型の色同化エーレンシュタイン効果に近く見えるが、透明視との関連性が指摘されている。

関連:エーレンシュタイン効果透明視


個人用ツール
ツールボックス
このウィキのはてなブックマーク数 この記事をはてなブックマークに追加