吸入法

出典: 閾ペディアことのは

吸入法(きゅうにゅうほう)は、アロマテラピーの方法の一つ。

精油成分を吸入し、呼吸器系の不調を緩和する方法。

直接

ハンカチやガーゼなどに1~2滴落とし、精油を吸入する。

蒸気吸入法

洗面器やマグカップなどに熱めの湯をはり、3滴以下の精油を落とし、香りの湯気を吸入する。

粘膜を刺激するものもあるので目は閉じておくこと。

洗面器の場合、湯気が逃げないようにバスタオルなどを頭にかぶるとよい。

湯気が立たなくなったら、精油ではなくお湯を足す。

水分不足の肌に潤いを与える効果もある。

咳が出るとき、ぜんそくの場合には蒸気吸入法は避ける。

アロマテラピーのやり方


個人用ツール
ツールボックス
このウィキのはてなブックマーク数 この記事をはてなブックマークに追加