芳香浴

出典: 閾ペディアことのは

芳香浴(ほうこうよく)は、アロマテラピーの最も簡単な方法である。

精油を拡散し、香りを楽しむことによって、心と身体のバランスを整える。

ティッシュやハンカチ

ティッシュペーパーやハンカチに精油を1~2滴垂らす。枕元や机においたり、持ち歩いたりしてもよい。

濃い色の精油でハンカチに色が付くことがあるので注意。

キャンドル式芳香拡散器

オイルウォーマー、アロマポットオイルバーナーなどの名称で販売されている。精油1~5滴程度を、水を張った上皿に落とし、下からろうそくで暖めて香りを広げる。

精油は可燃性なので、火に注意。

  • 燃えやすいものを周りに置かない。
  • 熱に弱い樹脂加工テーブルやオーディオ機器の上も避ける。
  • 風のない安定したところに置く。
  • 子供やペットの手の届かないところで使用する。
  • 使用中はそばを離れない。
  • 空だきに注意。
  • 就寝時は火を消す。

電気式芳香拡散器

アロマライトなど、電気の熱や空気の力で香らせる。使い方は基本的にキャンドル式と同じ。

アロマテラピーのやり方


個人用ツール
ツールボックス
このウィキのはてなブックマーク数 この記事をはてなブックマークに追加