秋葉原通り魔事件関連年表

出典: 閾ペディアことのは

加藤智大容疑者の経歴

  • 1982年9月28日?生まれ。青森市出身。
  • 青森県立青森高等学校卒。ソフトテニス部に所属。高校3年の夏、家出をして福島市へ行く。個人戦で東北大会に勝ち上がったソフトテニス部の選手が福島市に遠征に出ていた。加藤容疑者は遠征中の部員に「家出をして、ぼくも福島にいる」と連絡をしてきた。当時の顧問が連絡をとり、滞在先の旅館に呼んで家出の理由を尋ねた。翌朝、父親が加藤容疑者を引き取りに来た。
  • 2001年4月、中日本自動車短期大学(岐阜県加茂郡坂祝町)自動車工学科に入学。2002年夏以降はバイク部に所属し、仲間とツーリングやバイク整備などを楽しんでいた。2002年秋、2級自動車整備士を受験する際に実技試験が免除される講座の出席日数が足りなかったため、担任から呼び出された。このとき、「中学校の教員になりたい」と打ち明け、地元・青森県の大学への編入を希望した。卒業時に進路は決定していなかったが、進路調査票には「弘前大学 希望」と書かれていた。2003年3月に卒業。
  • 2003年7月、仙台市の人材派遣会社に登録。工事現場で車両を誘導する警備員として働いた。トラブルや無断欠勤はなく、2005年2月に辞める際も「自動車関連の仕事を希望する」として退職届を出していた。【派遣】
  • 2005年4月、派遣会社「日研総業」に登録し、埼玉県上尾市にある自動車工場のトラック組み立てラインで部品の取り付け作業を担当。2006年4月、突然の無断欠勤で連絡が取れなくなり、契約を解除された。【派遣】
  • 2006年5月、雑誌で大阪府高槻市の派遣会社の求人広告を見て、半年の契約で登録。茨城県常総市の住宅建材メーカーで働く。8月に突然寮から行方不明となり、契約を打ち切られた。【派遣】
  • 2006年9月から約20日間、青森市の自動車学校に通い、大型自動車免許を取得。
  • 2006年から2007年ごろ、当時乗っていたスポーツカーから別の車に乗り換える。友人に「死のうと思って高速道路に突っ込んでつぶした」と説明していた。同じ時期、別の友人に繰り返し送ったメールでも「金がない」と嘆いていた。
  • 2007年1月、青森市の運送会社で運転手として働く。2トントラックで学校給食用の牛乳を配達していた(掲示板にもそのことを書いたログがある)。当初は試用期間としてアルバイトでの採用だった。勤務態度は真面目で、問題やトラブルを起こすことはなく、無断欠勤も一切なかった。仕事ぶりを評価され、4月からは正社員となる。
  • 2007年8月中旬、母親が自宅を出て、青森市内の別の場所に住む。加藤容疑者は両親の離婚問題で悩んでいた。
  • 2007年9月15日、「家庭の事情」を理由に退職。
  • 2007年9月ごろから、青森市のハローワークや、若者向け就職支援センター「ジョブカフェあおもり」に通って就職相談をしていた。ジョブカフェには5回訪れ、面接試験の指導や修飾のカウンセリングなどを受けた。
  • 2007年11月、東京で面接を受け、製造業派遣大手の日研総業に登録。自ら応募した関東自動車工業の東富士工場(静岡県裾野市)に同月から派遣された。工場の塗装ラインで働いていた。月曜から金曜の週5日勤務で、1週間交代で日勤と夜勤。【派遣】
静岡県裾野市富沢(国道246号沿いの住宅街)の鉄筋4階建てマンションの3階に住んでいたが、日研総業が派遣社員用に借り上げた部屋だった。

事件のタイムテーブル

  • 2008年5月中旬から、大量解雇のうわさが広まっていた。
  • 2008年5月下旬、工場で休憩中に突然、「派遣社員全員が人員削減の対象になるそうだ」と相談。「車関係で借金が数百万円ある。踏み倒して取り立ての人から逃げて静岡にきた。困った」と打ち明け、落ち込んだ様子だった。
  • 2008年5月30日、責任者が派遣社員十数人を集めて「(当面は)休まず働いてほしいが、派遣社員の中には解雇される人も出る」と説明した。加藤容疑者ら2人はこの説明会に遅れて参加。責任者に「急に言われても何と言っていいか分からない」と返答に困った様子だった。同じ塗装工程で働く同僚にこの後「青森に帰って時給の安い仕事でもみつけようかな」と皮肉っぽく漏らしたという。「次の仕事をどうしたらいいのか。住所不定なので、仕事もすぐ見つかるわけないし…」と悩みを吐露した。
  • 2008年6月3日、一転して8月まで雇用継続が伝えられる。加藤容疑者は会社への不信感を募らせ、「延長と言ってもいつまで残れるかわからない」などと不安感を漏らしていた。
  • 2008年6月4日、「辞めなくてもよくなった」と同僚に打ち明けたが、「良かったじゃないか」という同僚の言葉には無反応だった。
  • 2008年6月5日、ツナギが見付からないことに怒って帰宅。
  • 2008年6月6日、無断欠勤し、福井市大和田町フェアモール福井エルパ2Fのミリタリー専門通信販売「YAMATO エルパ店」を訪れる。ナイフを合計6つ購入したが、掲示板には5つと書いている。
加藤容疑者はこのミリタリー輸入用品店を訪れて、ナイフを合計6つ購入した(本人は日記で5つと書いている)。
YAMATOのサイトにはこのような注意書きがある。
ナイフ類には刃長150mm以上の製品もありますが、キャンピング、狩猟、魚釣り、ダイバー等の用途としては、銃刀法の適用外と認められております。
「所持許可証」は不要ですが、その他の目的で携帯されると、銃刀法取締まりの対象となります。
ナイフは立派な機能を備えた生活の道具です。
ユーザー自身の良識で正しくご利用ください。
この記述は犯人が掲示板に引用しているものとぴったり合致する。
[2668]
06/06 02:38
キャンプ、釣り、狩猟、ダイビング
これらの目的の時はナイフを携帯しても処罰されないんだってさ
2008年6月8日
  • (7時12分、予定より一本早い電車に乗り、沼津駅に向かう――掲示板から推測。裾野市富沢から最寄りの駅はJR御殿場線で、日曜ダイヤ裾野駅7時11分発島田行きの電車がある。同電車は7時31分沼津発)
  • 午前8時ごろ、派遣先で親しかった同僚に、購入していた6本のナイフのうち1本を、ゲームソフトなどと一緒に段ボール箱に詰めて譲った。「ゲーム好きの同僚にナイフとともに渡せば、喜ぶと思った」と供述。同僚は後に報道で事件を知り、怖くなって捨てた。
  • 午前8時、静岡県・沼津駅前でレンタカーを借りる。裾野インターチェンジから東名高速を走った。
    沼津駅前のニッポンレンタカーは、沼津店と沼津駅南店の2店舗がある。南店の方が駅に近い。
  • (9時48分、神奈川に入って休憩――掲示板から推測)
  • 横浜青葉インターチェンジで東名高速を降り、国道246号で秋葉原まで向かう。
  • (11時7分、渋谷を通過――掲示板から推測。国道246号は渋谷駅前を通る)
  • (11時45分、秋葉原に到着――掲示板から推測)
  • 歩行者天国が始まるまで時間つぶし。現場から北に約100メートル離れた中央通りにトラックを駐車し、中央通りに面した大型量販店でトイレを借りている。
  • (12時10分、掲示板へ最後の投稿)
  • 携帯電話のアドレス帳やメールの送受信記録などのデータを消去。
  • 事件直前、現場の交差点をトラックで1往復走っていた。トラックは事件時と同様、神田明神通りを東向きに走行し、歩行者天国となっていた中央通りとの交差点を通過し、その後戻ってきていた。
  • 12時30分ごろ 東京・秋葉原の歩行者天国にトラックで突入。信号待ちの車の左側をすり抜け、信号を無視して交差点に進入。通行人らをはね、ナイフで次々と襲う。男女17人が負傷し病院に搬送。
  • 12時33分 110番通報
  • 12時35分 静岡県裾野市の派遣社員加藤智大容疑者(25)を殺人未遂の現行犯で逮捕
  • 13時15分 東京消防庁「5人が心肺停止」と発表。中村勝彦さん(74)、藤野和倫さん(19)、小岩和弘さん(47)、宮本直樹さん(31)、川口隆裕さん(19)が相次ぎ死亡確認
  • 15時10分 警視庁が記者会見。捜査本部設置を発表
  • 16時すぎ 加藤容疑者の自宅マンションに捜査員が到着
  • 16時30分 武藤舞さん(21)の死亡確認
  • 16時40分 警視庁が「人を殺すために秋葉原に来た。世の中、嫌になった」との加藤容疑者の供述内容公表
  • 17時32分 松井満さん(33)の死亡確認、死者7人に


個人用ツール
ツールボックス
このウィキのはてなブックマーク数 この記事をはてなブックマークに追加