歴史ブログ:ピープスの日記

pepys.jpg 以前紹介した「カエサル総督のブログ」が案外反響を呼んでいるので、もう少し調べてみたら、歴史的ブログをさらに発見。「ピープスの日記(The Diary of Samuel Pepys)」である。

2003年10月 2日13:32| 記事内容分類:ブログ/ウェブログ, 世界史| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(0) | トラックバック(1)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

マイペディアから引用すると以下のとおり。

ピープス
Samuel Pepys
〔1633~1703〕
英国の日記作家。貴族に仕え,のち海軍大臣になった。1660年から69年までの速記記号による「日記」(1825年解読出版)で有名。赤裸々な叙述で文学作品として興味深く,当時の社会や生活を伝える史料としても貴重。
サイトを見る限り、毎日一項目ずつ更新しているようだ。2003年1月1日に、1660年1月1日の記事が投稿された。このペースだと2012年に完結する模様。遠大な計画だなあ。運営者はフリーでウェブ製作などしているロンドン在住のPhil Gyford氏。
 やはり「土佐ブログ」に力を入れてみようかな。

【広告】★文中キーワードによる自動生成アフィリエイトリンク
以下の広告はこの記事内のキーワードをもとに自動的に選ばれた書籍・音楽等へのリンクです。場合によっては本文内容と矛盾するもの、関係なさそうなものが表示されることもあります。
2003年10月 2日13:32| 記事内容分類:ブログ/ウェブログ, 世界史| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(0) | トラックバック(1)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

トラックバック(1)

※当ブログへトラックバックされる場合は必ずこのページへのリンクを入れてください。こちらへのリンクのない一方通行トラックバックは承認されません。

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/21

ウェブログ@ことのは [weblog@kotonoha] - 土佐ブログはじめました (2003年11月 3日 16:22)

日本初(?)の歴史ブログ(Historical Weblog)として、土佐日記をブログ化してみました。土佐日記のパロディでもあり、ウェブログのパロディでもあるという微妙な企画です。今のところ... 続きを読む

コメントする

OpenID対応しています OpenIDについて

このブログ記事について

このページは、松永英明が2003年10月 2日 13:32に書いたブログ記事です。
同じジャンルの記事は、ブログ/ウェブログ世界史をご参照ください。

ひとつ前のブログ記事は「すっきりコメントプラグイン」です。

次のブログ記事は「「はじめてのウェブログ」はじめました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。
過去に書かれたものは月別・カテゴリ別の過去記事ページで見られます。