獣医師法

出典: 閾ペディアことのは

獣医師法は、アロマテラピー行為に関連する。

ペットに対してアロマテラピーを行なう場合、自己責任の範囲では問題がないが、診断と治療を行なうと獣医師法違反となる。

ただし、ケアやトリミングなどは国家資格に属さないため、違反とはならない。

条文

第17条 獣医師でなければ、飼育動物(牛、馬、めん羊、山羊、豚、犬、猫、鶏、うずらその他獣医師が診察を行う必要があるものとして政令で定めるものに限る。)の診療を業務としてはならない。

アロマテラピーに関連する法律


個人用ツール
ツールボックス
このウィキのはてなブックマーク数 この記事をはてなブックマークに追加