菊花蚕

出典: 閾ペディアことのは

菊花蚕(jú huā cán/チューフアチャン)は、中国ネット十大神獣の一つで、四大神獣・十大神獣に挙げられる架空の生物である。詳細は「ネット十大神獣」も参照のこと。

発祥

周杰倫(ジェイ・チョウ)の歌「菊花台」の歌詞の一部「菊花残(jú huā cán)」に由来する。その歌詞の中の「菊花残,满地伤」(菊の花が散りゆく 傷だらけになって)を、ネットユーザーが「菊花残,满腚伤」(菊門が散りゆく 尻じゅう傷だらけになって)と替え歌にしたのが由来。「菊花」は俗語で肛門を指すため、この文中ではアナルファックを意味することになる。

発展形

百度神獣で最も小さい生物。「菊花」のところで活動するため、この名前がつけられた。

中国名:菊花蚕、英語名:Chrysanthemum Silkworm。蚕蛾科の昆虫の一種。中国原産。菊の花の上で飼いならすために菊花蚕と呼ぶ。

養蚕と蚕糸の利用は人類生活における重要な事柄である。4000年以上前に中国にはすでに記載がある。少なくとも3000年前には、中国ではすでに人口養蚕が始まっていた。菊花蚕は最近科学者が発明した新しい養殖方法である。伝統的な桑の葉に代わって菊花を蚕の食物とすることで、蚕の吐く糸の強度は高まり、質量は大きく、火を放ち、輻射に強く、防弾、軽便などの利点が多くなる。

菊花蚕の蚕糸は良いものだが、菊花蚕は養殖が難しい。菊花蚕は死にやすく、寒さを嫌い、高温をおそれ、湿度も厳格さを求める。そのため、市場の菊花蚕糸は非常に高価なものとなっている。多くの高級ブランドは菊花蚕糸の製品である。たとえば、阿迪王(Adivon)などがある。ゆえに、菊花蚕糸製品を着る人は、おそらく貴族に違いない。

中国ネット十大神獣


個人用ツール
ツールボックス
このウィキのはてなブックマーク数 この記事をはてなブックマークに追加