フォトン・ベルトに関するリンク集

一部で「2012年12月に地球が突入する」と騒がれているフォトン・ベルトに関するリンク集。これも某閉鎖ブログからサルベージ。結論としては、やっぱりフォトン・ベルトはありえない。

当サイト内の関連記事


2003年10月19日02:41| 記事内容分類:天文学・地学, 民俗学・都市伝説| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(2) | トラックバック(4)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

日本語文献
ガイア・アセンション2(地球人の覚醒)フォトン・ベルト
宇宙の法則研究会 フォトンベルト  多分日本語では一番詳しい

英語文献
◎フォトンベルト情報満載のサイト2012 UNLIMITED
The Photon Belt by Virgil Armstrong l995 図解入り「フォトン・ベルト」
THE PHOTON BELT ENCOUNTER By Noel Huntley, Ph.D. 「フォトンベルトとの遭遇」
PHOTON BELT UPDATE From the Galactic Federation, via Sheldan Nidle.「シェルダン・ニードルを通じて銀河連邦から フォトンベルト最新情報」
Russians confirm Photon Belt 「ロシア人がフォトン・ベルトを確認した」
Crystalinks Metaphysical and Science Pageにもフォトン・ベルト情報あり
PHOTON BELT トップにある「フォトン・ベルトの写真」がどう見ても天球図ソフトの画像
PHOTON BELT AND METAPHYSICS 上記Virgil Armstrongの記事そのまま
The Salem New Age Centerにもいくつか情報
The Photon Belt Coming to a Universe Near You フォトン・ベルトについての簡単なまとめと目次
Interpretive Sirian Dreams By P.J., Massachusetts 夢が二つ
Photon Belt Compilation フォトン・ベルトに関する文章のまとめ
Scientific Review of Photon & Light 光子と光についての科学的説明(これはまとも)
The Pleiades in Fact & Fiction -- Exploding the myth of the Photon Belt By Clare Williams, Originally published in UFORIC Communique, October 1992 ※フォトン・ベルト否定文献の一つ。
The Straight Dope: Is the earth about to enter the Photon Belt, causing the end of life as we know it? 13-Sep-1996 懐疑論者のページらしいが、フォトン・ベルト否定文献その2

あとはみんな同じ情報の引き写しばっかり。初出はNEXUSマガジン1991年の記事(大学の学部生とそのママンによる原稿らしい)。その記事そのものは発見できず。

【広告】★文中キーワードによる自動生成アフィリエイトリンク
以下の広告はこの記事内のキーワードをもとに自動的に選ばれた書籍・音楽等へのリンクです。場合によっては本文内容と矛盾するもの、関係なさそうなものが表示されることもあります。
2003年10月19日02:41| 記事内容分類:天文学・地学, 民俗学・都市伝説| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(2) | トラックバック(4)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

トラックバック(4)

※当ブログへトラックバックされる場合は必ずこのページへのリンクを入れてください。こちらへのリンクのない一方通行トラックバックは承認されません。

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/53

先日ある本を読んで、ノストラダムスの次に来る終末思想(?)はこれだと思っておりました。 フォトンっていうのは光子だとか電磁波だとかいろいろ説明されるらしい。で、このフ... 続きを読む

2012年12月22日地球が危ない時期に突入するらしい。 フォトンベルトという光の渦に突入すると、地球の何かが破壊されてしまうらしい。 詳しいことは専門家にお願いするとします。 S... 続きを読む

オカルト業界(んなもんあるのか)のなかで最近注目を浴びているのが「フォトンベルト... 続きを読む

技術士(化学部門)CANのブログ - 科学とニセ科学(2)〜フォトンベルト (2005年7月14日 00:42)

「フォトンベルト」という単語を聞いた事があるだろうか?簡単に述べると、次のような事らしい。(参考:ウィキペディア) ・フォトンベルトは銀河系に存在する光子(粒子と反粒... 続きを読む

コメント(2)

21世紀~アクエリアスはフォトンベルトの時代、
現在、太陽系は26000年で一周する楕円軌道のカーブに差し掛かっていて
13000年ぶりに中心太陽・アルシオネから発しているフォトンベルト光子帯
に入っていて、地球の自転速度も同じ一周24時間でも16時間位に感じられるように
時間が速く過ぎていきます。逆算すれば1.5倍位自転速度が速くなっています。
また3次元から4.7次元以上に次元上昇・アセンションするといわれています。又
地球のシューマン共振数も従来7.8Hzヘルツだったものが現在、14Hz、2006年
には16Hzに、16Hzになると人体60兆個の細胞のDNAがゆるみ、
カルシウムイオンが放出され、自立神経失調症、精神的異常者・肉体不具合者が激増する
恐れがあるといわれています。「病は気から」呼吸法・瞑想・気功・ヨガ・感情のコントロール等、
「健全な精神は健康な肉体に宿る」軽体操、各種ヒーリング、リラックス、
散歩・軽ジョギング、食事療法、波動調整グッズ(グラビトン重力波、カンタム量子エネルギー、
形態エネルギー、宇宙エネルギーその他各種)、サプリメント等々に関連する
商品等の紹介、教育教室・販売ビジネス展開を!!
これから、2012~2013年に向けて益々、太陽の活動が活発化して、地球は今、
電子レンジ状態、集中豪雨・山火事・火山活動・地震活動当が益々活発化する恐れが
あります。ケースバイケースに応じた災害対策の情報収集、周知徹底と防災グッズの
販売を!! (非常袋・浮き輪・ゴムボート・寝袋から免震住宅迄)
個人個人の余ったもの、足りないものをコンピューターにインプット、
物々交換システムの構築も(人類愛・宇宙愛精神に基づく愛の世界連邦建設目標に)
戦争本位制資本主義マネーゲーム経済から平和本位制宇宙主義経済へ

参考、http://www.jma.go.jp/JMA_HP/jma/index.html 気象庁
http://www.kishou.go.jp/books/tsunami/tsunami.html 津波から命を守るために!
<ストーリー>
津波のことならなんでも知っているツナミ博士と一緒に、さちよクンが津波について
学んでいくお話です。実際の津波をとらえたビデオや津波による被害の写真をみて
津波の怖さを知るさちよクン。 そして、コンピューターグラフィックスで再現した30mの津波や、
実験装置で作り出した津波を見て、津波のパワーに驚きます。
また、津波がどうして起こるのか、そのスピードはいったいどのくらいなのかについても、勉強します。
そして、津波から命を守るために一番大事なことは何なのか??
それを最後に学んでいきます。(CD-ROM 時間:約17分)

参考、http://www.daiwahouse.co.jp/jutaku/menshin/index.html
http://www.daiwahouse.co.jp/jutaku/menshin/01/index.html 地震列島に暮らす私達-。
世界有数の地震国と言われる日本。
どのくらいの頻度で地震が発生しているのでしょうか。
図では、マグニチュード3以上の地震の発生を、
2003年5月27日から2003年6月2日までの1週間で
気象庁がまとめたものを示しています。
このようにマグニチュード3以上と限定しても、
1週間に40件以上もの地震が発生しています。
無感地震も含めるとかなりの地震が発生していることが、
容易に想像できます。

大正12年に関東南部を襲った関東大震災をはじめ、
まだ記憶に新しい阪神・淡路大震災など、過去、わが国は
非常に数多くの大震災に見舞われています。

いつ来るかわからない、けれどもいつか突然襲いかかる自然の脅威、大地震。
地震災害は建物や街並みの損壊だけではなく、
家具の転倒などによって人々に生命の危機を及ぼすなど、
ときに取り返しのつかない悲惨な爪痕を私たちに残します。
阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)で耐震性を裏付けた独自の構造躯体と、
オリジナル免震装置を併用した

地震から家族と家財を守ります。
(関西初・神戸市北区鹿の子台南4丁目29-6にモデル住宅オープン11/1日予定)


フォトンベルトの渡邊さんを招いてセミナーをされた、
西宮市の甲山の西側でビューガーデンというベジタリアンの
素敵なレストランをされている 武村 さんがつくられた素敵な二階建てです。
床下の内側に鉄骨が張り巡らされていて、
自動車の架台(新免震装置&スプリング)に家が乗っているという感じです。
(新築一戸建てを検討されご覧になりたい方はご一報下さい)

参考、<フォトン・ベルトと地球の未来>
http://www.net-g.com/photon/reset0.html
■2012年12月23日 人類は新次元に進化する■

よくまとめられていると思います。トラバいたしました。

コメントする

OpenID対応しています OpenIDについて

このブログ記事について

このページは、松永英明が2003年10月19日 02:41に書いたブログ記事です。
同じジャンルの記事は、天文学・地学民俗学・都市伝説をご参照ください。

ひとつ前のブログ記事は「Google電卓のすさまじい機能一覧」です。

次のブログ記事は「ヤン・リーウェイ物語(その3)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。
過去に書かれたものは月別・カテゴリ別の過去記事ページで見られます。