坂本龍一氏も反対。輸入盤規制は「音楽産業自らの手で音楽ファンを葬る」

先見日記:輸入盤規制
OTO-NETA
坂本龍一教授がついに輸入盤規制について発言。まさに明快な言葉です。私は以下の部分を特にレコ協の方に噛みしめていただきたいと思います。

産業の利益を守るためとはいえ、音楽産業自らの手で音楽ファンを葬るようなことをするとは、自分の手で自分の首を絞めているようなものである。業界は規制で閉め出すことばかり考える前に、高いなら高いなりに付加価値をつけることに努力するなり、アジア盤に対抗して値段を安くするなりして、競争力をつけるべきである。

【関連記事】
洋楽が買えなくなる!?レコード輸入権の問題点がわかってきた【ロフトプラスワン報告】
CD輸入権FLASH ver.2完成【これは音楽鎖国だ】
「アジア盤《も》買いたい」のはダメなんですか?CD輸入権による音楽鎖国
海外からの還流を防ぐ必要なし。グラフで見る輸入盤問題
切り捨てられるアジア音楽ファン【音楽関係者にまで裏切られた!?】
「輸入権」の根本解決法は「関税」だ

2004年5月10日00:28| 記事内容分類:著作権, 音楽| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(1) | トラックバック(1)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:
【広告】★文中キーワードによる自動生成アフィリエイトリンク
以下の広告はこの記事内のキーワードをもとに自動的に選ばれた書籍・音楽等へのリンクです。場合によっては本文内容と矛盾するもの、関係なさそうなものが表示されることもあります。
2004年5月10日00:28| 記事内容分類:著作権, 音楽| by 松永英明
この記事のリンク用URL| ≪ 前の記事 ≫ 次の記事
| コメント(1) | トラックバック(1)
twitterでこの記事をつぶやく (旧:

トラックバック(1)

※当ブログへトラックバックされる場合は必ずこのページへのリンクを入れてください。こちらへのリンクのない一方通行トラックバックは承認されません。

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/224

AZ::Blog はんなり、あずき色のウェブログ☆ - 音楽は誰のもの? (2004年5月15日 14:16)

Music is everybody's possesion. It's only publishers who think that people own it. --John Lennon 輸入CD規制の問題が、いろんなところで熱く議論されてます。商品としての音楽について、少し思い出したこと... 続きを読む

コメント(1)

やっぱり有名人が語るとうれしいですねえ。
それに対して、何も動きはないのかもしれませんが、何とかしてレコード協会に響くように運動をして欲しいですね。
僕はAAACにも反対ですし。

コメントする

OpenID対応しています OpenIDについて

このブログ記事について

このページは、松永英明が2004年5月10日 00:28に書いたブログ記事です。
同じジャンルの記事は、著作権音楽をご参照ください。

ひとつ前のブログ記事は「海外からの還流を防ぐ必要なし。グラフで見る輸入盤問題」です。

次のブログ記事は「切り捨てられるアジア音楽ファン【音楽関係者にまで裏切られた!?】【お詫び追加】」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。
過去に書かれたものは月別・カテゴリ別の過去記事ページで見られます。