《松永英明のゲニウス・ロキ探索――「場所の記憶」「都市の歴史」を歩く、考える 》はまぐまぐで発行されているメールマガジンです。

No.002:下北沢の庚申塔(1)デトロイト・メタル・シティ

twitterでこの記事をつぶやく

先日、下北沢(東京都世田谷区)に行ってぶらぶらしていたら、駅前で女の子二人が携帯の画面を見ながら何やら相談していました。ふと目があって、二人は近づいてきたのです。

「すみません、この写真の場所わかりますか?」

それは小さな祠(ほこら)のようなものをアップで写した写真でした。

……そんなもの、わかるわけがないでしょう。

でも、わたしはたまたま知っていました。……

下北沢庚申塔

「それなら、南口からずっと南の方に行って、餃子の王将の手前を振り返ったところにありますよ」

実は、それは下北沢では有名な祠なのです。おそらく、下北沢をぶらぶら歩いたことがある人なら、必ずわかるでしょう。……

◎下北沢南口の庚申堂 ◎庚申堂の写真 ◎庚申信仰


101号より無料化!無料分バックナンバーは全公開しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/712

コメントする

この号について

このページは、2008年9月 8日に発行されたメルマガ記事です。

ひとつ前の号は「創刊号:「ゲニウス・ロキ」と場所の遺伝子」です。

次の号は「No.003:ロシア人力士大麻疑惑とオセチア、當麻、麻植、麻生」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に発行されたものはアーカイブのページで見られます。