《松永英明のゲニウス・ロキ探索――「場所の記憶」「都市の歴史」を歩く、考える 》はまぐまぐで発行されているメールマガジンです。

No.083:江戸明治東京重ね地図/空から日本を見てみよう

twitterでこの記事をつぶやく

先日、『三層江戸明治東京重ね地図』DVDを購入しました。

本誌の読者の方ならこれでかなり遊べるんじゃないかという代物です。江戸東京の江戸時代・明治40年ごろ・現代の3つの地図を重ねて見られるというDVDソフトです。普通に江戸時代、明治、現代の地図を切り替えるだけではなく、このうち2枚の地図を重ね合わせて、好きな透過度で見ることができるのです。

明治時代の地図は実測図を使っており、江戸時代の地図も切絵図そのままではなくて現代の地形に合うように修正されているので、「東京のこの地点は昔は何だったのか」がかなり正確にわかります。


101号より無料化!無料分バックナンバーは全公開しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/833

コメントする

この号について

このページは、2010年5月17日に発行されたメルマガ記事です。

ひとつ前の号は「No.082:根津神社のつつじまつり」です。

次の号は「No.084:明治維新後に「府」は十あった」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に発行されたものはアーカイブのページで見られます。