《松永英明のゲニウス・ロキ探索――「場所の記憶」「都市の歴史」を歩く、考える 》はまぐまぐで発行されているメールマガジンです。

No.098:東京・愛宕山を歩く

twitterでこの記事をつぶやく

◎23区最高峰の「自然の山」

No.018:直江兼続の「愛」と愛宕権現 で取り上げた、東京都港区愛宕の「愛宕山」に先日初めて行ってきました。

本当は、五色不動の取材のためにこの近くに行こうと思っていたのです。 今、目青不動として知られる不動像が六本木一丁目近くにあった寺の本尊 だったことがあるということで、その場所(アークタワーズやスペイン大 使館のあるあたり)を訪れようと思ったのですが、調べてみるとすぐ近く に愛宕山があるので、ここから歩いてみようと考えたのでした。

地下鉄神谷町の出口から出て東の方へ向かいます。このあたりは平らな場 所のように思えるのですが、少し行くとまさに小山ともいうべき小さな高 台がのぞきます。そして、その向こうには山をはるかに超えて見下ろす高 層ビルが。

愛宕神社

愛宕フォレストタワー

  • 愛宕神社
  • NHK放送博物館
  • 青松寺

101号より無料化!無料分バックナンバーは全公開しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/1042

コメントする

この号について

このページは、2010年9月13日に発行されたメルマガ記事です。

ひとつ前の号は「No.097:森ビルで東京十万分の一模型を見る」です。

次の号は「No.099:「上京」という感覚について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に発行されたものはアーカイブのページで見られます。