《松永英明のゲニウス・ロキ探索――「場所の記憶」「都市の歴史」を歩く、考える 》はまぐまぐで発行されているメールマガジンです。

No.100:ゲニウス・ロキと「記憶の保存」

twitterでこの記事をつぶやく

◎ライフワークとしてやりたいことをもう少し詳しく

【ゲニウス・ロキ探索】無料版準備号にて、 「メルマガ「ゲニウス・ロキ」のこれまでとこれから」 というテーマで書きました。こちらでは、皆さんご存じのとおりのこれま でのメルマガの経緯や、今後の無料版での方針について書いています。

http://archive.mag2.com/0001184451/index.html

ぜひこちらをご参照ください。

その中で、「ライフワークとしてやりたいこと」として書いた部分につい て、こちらで詳しく書いてみたいと思います。そして、それがこの有料版 の締めくくり、100号の言葉になるものと考えています。

  • 記憶の保存
  • 改めて、ゲニウス・ロキという「幻想」
  • ゲニウス・ロキの立場
  • そしてこれからのゲニウス・ロキ

101号より無料化!無料分バックナンバーは全公開しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/1044

コメントする

この号について

このページは、2010年9月27日に発行されたメルマガ記事です。

ひとつ前の号は「No.099:「上京」という感覚について」です。

次の号は「無料版準備号:メルマガ「ゲニウス・ロキ」の流れ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に発行されたものはアーカイブのページで見られます。