ゴマ油

出典: 閾ペディアことのは

ゴマ油(セサミ油)はキャリアオイルの一つ。

基本情報

  • 抽出部位:ゴマの種子
  • 抽出法:低温圧搾法
  • 分類:植物油(半乾性油)
  • 主要成分:オレイン酸4割、リノール酸5割、パルミチン酸1割
  • 酸化特性:比較的酸化しにくい
  • ヨウ素価:103~118
  • 色:淡黄色
  • におい:ほぼ無臭

特徴

食用と違って、低温で抽出した無色透明なものをキャリアオイルとして使う。

ビタミンやミネラルを含み、やや粘性がある。

抗酸化物質のセサモールが含まれるため、比較的酸化しにくい。温めるとセサモールが活性化して効果が高くなる。

湿疹が出やすい人は避けた方がよい。

アーユルヴェーダでは毒素を排出するオイルとして利用されている。

ショップリンク

基材の一覧


個人用ツール
ツールボックス
このウィキのはてなブックマーク数 この記事をはてなブックマークに追加