基材

出典: 閾ペディアことのは

基材とは、精油(エッセンシャルオイル)を希釈する材料。

精油の原液のままでは肌への刺激が強く、香りも強すぎるので、希釈する必要がある。

特に植物油がキャリアオイルとして使われる。キャリアオイルとは、キャリア=運搬の意味を持ち、肌に浸透して精油成分を吸収させる目的で使われるものである。(浸透は表皮にしみこむが、血管までは届かない。吸収は、血管まで届くものをいう)

基材の一覧


個人用ツール
ツールボックス
このウィキのはてなブックマーク数 この記事をはてなブックマークに追加