《松永英明のゲニウス・ロキ探索――「場所の記憶」「都市の歴史」を歩く、考える 》はまぐまぐで発行されているメールマガジンです。

No.008:「春の小川」を代々木の水源から渋谷センター街まで歩く

twitterでこの記事をつぶやく

♪春の小川は、さらさら行くよ。
 岸のすみれや、れんげの花に、
 すがたやさしく、色うつくしく
 咲けよ咲けよと、ささやきながら。

唱歌「春の小川」は皆さんよくご存じでしょう。こののどかな田園風景を描いた「春の小川」は、実は東京都渋谷区代々木を流れていたのです。……

春の小川

  • 「春の小川」は「河骨川」
  • 「春の小川」の歌碑
  • 歌碑から水源へ
  • 宇田川と合流
  • 宇田川から渋谷へ
  • 「春の小川」時代の渋谷

101号より無料化!無料分バックナンバーは全公開しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/718

コメントする

この号について

このページは、2008年10月27日に発行されたメルマガ記事です。

ひとつ前の号は「No.007:下北沢の庚申塔(2)境界に立つ塞の神」です。

次の号は「No.009:平成の大合併、定住自立圏構想、ファスト風土化」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に発行されたものはアーカイブのページで見られます。