《松永英明のゲニウス・ロキ探索――「場所の記憶」「都市の歴史」を歩く、考える 》はまぐまぐで発行されているメールマガジンです。

No.035:忌野清志郎の「多摩蘭坂」=たまらん坂(国立市・国分寺市)

twitterでこの記事をつぶやく

5月2日、素晴らしいロックミュージシャンだった忌野清志郎が亡くなりました。享年58歳でした。……

さて、この忌野清志郎の歌の一つに「多摩蘭坂」という曲があります。……

ところで、この「たまらん坂」の由来ですが、上記の立川経済新聞の記事では「長い急坂と悪路に学生や、リヤカー・荷車を引く人が「こんな坂たまらん」と言ったことから「たまらん坂(多摩蘭坂)」と名付けられたという。」と書かれています。

残念ながら、これは誤りです。「たまらん坂」と命名したのは一橋大学の(当時の)学生たちで、名前まで判明しているのです。

実は、この「たまらん坂」の由来について調べている小説があります。……

というわけで(例のごとく)実際に「たまらん坂」に行ってきました。……

忌野清志郎 多摩蘭坂

  • 多摩蘭坂の由来
  • 黒井千次『たまらん坂 武蔵野短篇集』
  • 多摩蘭坂探訪
  • 『国立・あの頃』

101号より無料化!無料分バックナンバーは全公開しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kotono8.com/mt5/mt-tb.cgi/784

コメントする

この号について

このページは、2009年5月18日に発行されたメルマガ記事です。

ひとつ前の号は「No.034:軍艦島のゲニウス・ロキとは何か」です。

次の号は「No.036:「エレベーターで異世界に行く方法」と「境界」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に発行されたものはアーカイブのページで見られます。