硫化水素自殺2010年

出典: 閾ペディアことのは

硫化水素自殺事例年表。2010年分。

目次

2010年1月

1月16日
  • 【未遂】午後0時半ごろ、京都市下京区塩小路町の「アパヴィラホテル京都駅前」で、硫化水素自殺をほのめかす置き手紙を従業員が発見、通報。7階客室内の浴室で、この部屋に宿泊していたとみられる男性が意識不明の重体。浴室には硫化水素の発生を知らせる張り紙があった。

2月

2月1日
  • 午後8時ごろ、福岡市南区野間3のマンション1階の一室の浴室で住人の男性会社員(39)が死亡。浴室ドアには「硫化水素使用中」などと書かれた張り紙。男性の知人女性が「連絡が取れない」とマンションを管理する不動産業者に相談。業者が署員と部屋に入ったところ、異臭がしたため消防に通報した。部屋から男性が書いたと見られる遺書が見つかった。男性は1人暮らし。
2月9日
  • 午前7時半ごろ、山形市荒楯町2丁目の民家で「人が倒れている」と近所の住民が通報。民家2階の室内に硫化水素のようなにおいが充満し、男子大学生(21)が死亡。同居している80代の祖父母、50代の母親が「気分が悪い」と訴え、市内の病院に運ばれた。命に別条はない。
2月10日
  • 午前1時10分ころ、長野県東御市常田地籍の公園駐車場で、神奈川県内で家出人として手配している男性の車両を警察官が発見。車両内で男性は死亡。所持品等から家出人として手配していた神奈川県の男性とみて捜査。
2月16日
  • 午後5時35分ころ、長野県北佐久郡軽井沢町内の駐車場の車両内で30歳の男性が死亡。

3月

3月1日
  • 午前11時10分頃、さいたま市南区南浦和のアパートで、「硫黄のようなにおいがする」と近くに住む人から通報。このアパートの一室で20代の男性が死亡。室内のトイレのドアに硫化水素が発生していることを知らせる紙が貼ってあった。
3月11日
  • 午前10時半ごろ、福岡県みやま市瀬高町上庄の矢部川沿いの堤防道路で、止まっていた乗用車内に男性がビニールをかぶり座ってるのを通行人が発見。筑後市の大工(35)。後部座席に座り、トイレ用洗剤を使って硫化水素を発生させた。車外には「毒物発生 高濃度硫化水素 開けないでください」などと張り紙。
  • 午後4時過ぎ、東京都府中市分梅町のアパートの一室で、この部屋に住む37歳の女性が倒れているのが見つかり、病院で死亡。死亡した女性は直前に「死ぬ」という内容のメールを母親に送っていた。
3月12日
  • 午前6時10分ごろ、愛知県刈谷市一里山町金山のトヨタ車体富士松工場で、製造中の乗用車内に男性が倒れているのを従業員が発見。男性はすでに死亡。現場は車製造の最終工程のライン上。男性は同社の作業着姿で、同工場に勤務する期間従業員(37)。車の窓に「硫化水素充満中」と書かれた紙が内側から張られ、車の近くから遺書のような書き置きが見つかった。同工場はトヨタ自動車の人気ハイブリッド車「新型プリウス」の生産拠点の一つ。
  • 午後9時ごろ、千葉県松戸市根本2のマンション9階に住む女性(28)が風呂場で倒れているのを、訪ねてきた母親が発見。病院で死亡。
3月15日
  • 午前7時半ごろ、長野県松本市蟻ケ崎のアルプス公園東入り口駐車場で、「人が倒れており、そばの車から異臭がする」と通報。松本市の70代の男性が意識不明の重体。車内で自殺を図った男性が苦しくなって外に出たとみられている。
3月24日
  • 午前8時40分ごろ、兵庫県西宮市川西町の会社員(33)方から「異臭がし、妻と息子が倒れている」と通報。2階寝室に母子とみられる2人が倒れており、硫化水素ガスを検知。病院で長男(1)の死亡が確認され、母親(31)も意識不明の重体。遺書らしいメモ書き。母親が無理心中を図ったとみられている。
3月26日
  • 午前9時ごろ、東京都文京区本郷の「水道橋グランドホテル」で、5階の部屋に泊まっていた36歳の男性が、硫化水素の入ったビニール袋を頭からかぶった状態で死亡。
3月27日
  • 午後3時ごろ、佐賀市白山のアパート管理人から「居住者の部屋にあるトイレのドアに『ガスが充満している』との張り紙がある」と通報。一人暮らしの男性(27)がトイレの中で死亡。男性の親類が部屋を訪ねたが、内側から鍵がかかり、全く反応がなかったたため、管理人が鍵を開け、部屋に入った。室内に遺書。塩素系のトイレ用洗剤と石灰硫黄合成剤が残っていた。

4月

4月5日
  • 台湾・彰化縣員林鎮成功東路の幼稚園の外の道に停車していた乗用車の中で、梁姓の32歳の男性が死亡しているのが発見された。「硫化氫」(硫化水素)と書かれた張り紙。男性は亡くなって数日経過していた。
4月9日
  • 午前10時15分ころ、長野県安曇野市内の自宅物置内で40歳男性が硫化水素を発生させ死亡。
4月12日
  • 午後3時20分ごろ、横浜市保土ケ谷区瀬戸ケ谷町の13階建てマンションの5階一室で、居住者の男性(27)が室内の廊下で倒れているのを救急隊が発見。男性は意識不明の重体。男性の弟が「これから自殺をするという電話を受けた」として通報した。
4月21日
  • 午前8時ごろ、滋賀県長浜市豊公園の自由広場西側の公衆トイレの身障者用個室扉に「毒ガス発生注意。絶対に開けないでください。みつけた人は消防、警察に連絡してください」などと赤、青の油性ペンで書かれたA4サイズの張り紙があるのを、清掃会社の従業員が見つけ通報。男性が扉のすぐ内側で横向けに倒れて死亡していた。トイレ洗浄剤の空容器三本と殺虫剤の同容器二本があった。岐阜市内の37歳無職男性。仕事で悩みを抱えていたらしい。扉のすき間には内側からダンボール紙が詰められ、窓もガムテープで目張りされていた。

5月

5月2日
  • 午前0時25分ごろ、千葉市緑区おゆみ野6の泉谷公園駐車場で、東京都内に住むアルバイト男性(29)が軽乗用車内で硫化水素を吸って死亡。車内からは遺書のようなもの。
5月4日
  • 午後2時30分ごろ、アラバマ州プライスヴィル(Priceville)のウィーラー野生動物保護区(Wheeler Wildlife Refuge)の道路横に泊められた自動車内で28歳の男性が硫化水素自殺。警告の紙が貼られていた。
5月7日
  • 午後7時30分ごろ、イリノイ州セントクレア郡ベルヴィル(Belleville)の南西イリノイ大学(Southwestern Illinois College)駐車場で、18歳の男性が自分の車の中で硫化水素自殺。
5月13日
  • 午前3時半ごろ、長岡市城内町1のビジネスホテル「インパクト」の客室から硫化水素が発生したと従業員が通報。4階に宿泊していた東京都の無職男性(45)が、自殺を図るため、浴室で硫化水素を発生させたが、怖くなってフロントに連絡してきた。
5月19日
  • 午前10時15分ごろ、さいたま市南区のホテル「ホテルニュー埼玉」で、客室内の浴室で男性が死亡。さいたま市緑区の無職男性(26)。頭からポリ袋をかぶっていた。

6月

6月7日
  • 午後4時50分ごろ、川崎市麻生区の市立中3年の男子生徒(14)が自宅トイレで心肺停止状態で見つかり、約1時間後、搬送先の病院で薬物中毒による死亡が確認された。トイレ内で倒れている生徒を母親が見つけた。現場には薬品の空容器があり、死因は薬物による中毒。残された遺書などから、いじめられた友人を助けられないことを苦に硫化水素を使って自殺したとみている。トイレにあったA4判の遺書に「14年間生きていて楽しかった。死ぬことはごめんなさい」とあったほか、いじめを受けたという友人の名前があり「救えなかった」と悩んだ様子が書かれていた。
6月10日
  • 午後7時50分ごろ、花巻市内の民家で、この家に住む高校2年の男子生徒(16)がトイレで意識を失って倒れているのを同居の父親が発見。男子生徒は搬送先の病院で死亡。世の中がいやになったという内容のメモ書き。
6月12日
  • 早朝、練馬区豊玉南3の公園で区立中学校3年の男子生徒(14)が首をつって死亡。校長は「仲の良かった友達に聞くと、(男子生徒は)修学旅行を楽しみにしていた様子だった。休まず登校しており、学校でのいじめはなかったと考えている」との認識。生徒が11日に登校した際、顔にあざがあったため、副校長と担任教師、養護教諭が事情を聞いた。この際、生徒は「しかられた。勉強すると約束したのにしなかったから自分も悪い」と話したという。一方、区教委によると、同中が母親に電話で確認したところ、「しかりました」と答えたという。
6月16日
  • 【裁判】茅ケ崎市の交番内で硫化水素を発生させたとして威力業務妨害などの罪に問われた被告(39)の初公判が16日、横浜地裁(小池勝雄裁判官)であり、被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。検察側は懲役1年6月を求刑、弁護側は執行猶予付きの判決を求め、即日結審した。判決は30日。
6月29日
  • 午前11時45分ごろ、神戸市西区伊川谷町小寺の山道で、止めてあった軽乗用車内に男女4人が倒れているのを、神戸西署員が見つけた。4人はすでに死亡。車内からバケツやトイレ用洗剤の容器が見つかった。朝来市和田山町の会社員女性(19)、尼崎市塚口町の男子大学生(22)、大阪府松原市の無職女性(50)、金沢市の男性(29)とみられる。28日午前、携帯電話サイトの掲示板にJR加古川駅で待ち合わせて自殺するような書き込みがあるのを管理者が見つけ加古川署に通報。29日午前11時半ごろ、捜索していた兵庫県警のヘリが、山道に止まっている不審な軽乗用車を発見した。車の窓はガムテープで目張りがしてあり、座席の足元にバケツ、後部ガラスの下に洗剤などがあった。
6月30日
  • 午後4時15分ごろ、三浦市初声町和田の和田長浜海岸で、テント内で男性が倒れているのを近くを通り掛かった男性(53)が発見。男性はテント内であおむけの状態で死亡。テント内には「自殺お手数掛けます」「硫化水素自殺中開けるな」と書かれた紙が残されており、プラスチック容器に液体が入っていた。男性は20~40代。
  • 【犯罪:判決】茅ケ崎市内の交番で硫化水素を発生させたとして、威力業務妨害と建造物侵入の罪に問われた横浜市緑区の無職男の被告(39)に対し、横浜地裁は懲役1年6月執行猶予4年(求刑懲役1年6月)の判決。

7月

7月12日
  • 午後6時50分ころ、長野県塩尻市洗馬地籍の公園駐車場で、駐車中の乗用車内で男性が死亡。男性が硫化水素を発生させた恐れ。
7月16日
  • 【犯行予告】「2ちゃんねる」に「JRA新潟競馬場で硫化水素を使って自殺する」と書き込んだ埼玉県北本市の自動車修理販売店アルバイト(27)が偽計業務妨害容疑で新潟県警に逮捕された。この男性は新潟に行って「死にたい。自殺したい」「競馬場で秋葉原の加藤みたくした方が伝説に残るね」と書き込み、新潟競馬場に警備員増強などの対策をとらせ、業務を妨害した疑い。ネット上には、自宅に準備した硫化水素の材料となる洗剤の画像へのリンクも張っていた。調べに対し、「死にたくてムシャクシャしてやった」などと供述している。
7月17日
  • 午後0時15分ごろ、岐阜市若宮町にある雑居ビルの4階の一室で、この部屋に住む男子大学生(21)がトイレで死んでいるのを父親(61)が見つけて通報。近くに硫化水素を発生させる装置があった。大学生は両親と祖母(77)の4人暮らし。トイレに「危険」との紙が張ってあり、父親がドアを開けたところ、異臭がした。その場にいた父親と祖母は気分が悪くなり、病院に運ばれたが意識はある。現場は柳ケ瀬商店街の中心地で、夏祭りが開かれていた。
7月27日
  • 午前8時ごろ、高知県吾川郡いの町清水下分の国道194号線枝畝トンネル脇の道路で、「毒ガス発生中」というはり紙をした車が止まっているのを通行人が見つけ、通報。運転席の女性が死亡。車内からは高い濃度の硫化水素が検知された。

8月

8月14日
  • 午後1時20分ごろ、京都市右京区京北小塩町の住民から「林道に止めてある車内で人が倒れている」と通報。車の中に男性3人、女性1人、車外に男性1人が倒れていた。男性3人は意識があったが、2人は意識不明。意識のあった男性が「硫化水素を使った」などと話していた。
8月25日
  • 【書類送検】6月に川崎市多摩区の市立中学3年の男子生徒(当時14)が「いじめられた友人を守れなかった」との遺書を残して自殺し、生徒自身もいじめられていたとされる事件に関し、神奈川県警少年捜査課と麻生署は25日、暴力行為法違反の疑いで、生徒が遺書で名前を挙げていた同級生の男子生徒4人のうち、いずれも当時14歳だった3人を書類送検した。また、当時13歳だった男子生徒については、同様の非行事実で児童相談所に通告した。4人は2月中旬に教室で、男子生徒を床に押さえつけてズボンを下ろすなどしたという。自殺した生徒は実名を挙げ、「自分と友人をいじめた4人を許さない」とする内容の手書きの遺書を残していた。

9月

9月1日
  • 午前8時ごろ、青森市浦町奥野の住宅で、硫化水素とみられる有毒ガスで女性1人が死亡。女性は夫、長男と3人暮らし。同時刻ごろ、夫が2階の部屋で倒れている妻を発見、通報した。長男はのどの痛みを訴えて市内の病院で手当てを受けた。女性が見つかった部屋に硫化水素を発生させる薬剤があった。
9月6日
  • 午前5時40分ごろ、滋賀県長浜市鐘紡町の駐車場で運転席の窓に「毒ガス」と書かれた紙が張られたワゴン車が発見された。男性が運転席でぐったりしていた。男性を病院に搬送したが、約1時間50分後に死亡が確認された。大阪市内の職業不詳の男性(33)。車内には、トイレ洗浄剤と石灰硫黄合剤を混ぜたバケツがあり、硫化水素が発生したとみられる。車内からは遺書も見つかっている。現場は琵琶湖岸の県道に面した駐車場。
9月13日
  • 午後6時10分ごろ、旭川市秋月2の1の民家の住民から「妹が倒れている」と通報。家の中で女性3人が倒れているのを発見。死亡したのはこの家に住む30代の母親と、10代(高校生)の三女。三女が二階の浴室で硫化水素を発生させて自殺し、倒れている三女を見つけた母親も硫化水素を吸い、巻き添えになったとみられる。通報した次女も病院に運ばれた。この一家は5人家族で、帰宅した母親と次女が異臭に気付いた。遺書は見つかっていない。
9月15日
  • 午後8時50分ごろ、札幌市白石区東札幌5の2のアパートに住む女性から「ドアにチェーンがかかって開かない。部屋の中に人が倒れている」と通報。1階の部屋で男性2人が倒れているのが見つかり、死亡が確認された。2人は女性の夫(27)と夫の友人。硫化水素による自殺の可能性。
9月20日
  • 午後1時55分ごろ、愛知県大府市共栄町の物置で、20代とみられる男性2人が倒れていた。1人は死亡、もう1人は病院に運ばれ、手当を受けている。現場には異臭が漂い、硫化水素を発生させたとみられる容器があった。病院に運ばれた男性が「友達と一緒に自殺しようとしている」と勤務先の上司に連絡、この上司が同署に通報した。

10月

10月14日
  • 午後5時20分ごろ、福岡市中央区鳥飼2丁目の県営住宅に住む男性と「連絡が取れない」と通報。室内で男性が死亡。硫化水素が発生。死亡していたのはこの部屋に住む男性。
10月18日
  • 午前11時15分ごろ、甲府市下曽根町の国道358号に架かる下曽根橋下の笛吹川河川敷で、「車内に動かない人がいる」と通行人から通報。乗用車の中で女性が死亡していた。車体に「ガスが発生している」という張り紙。女性は20~30代とみられる。下曽根橋は通行止めに。現場から約350メートル南側の笛南中は、北側の窓ガラスを閉めるなどの措置を取った。
10月22日
  • 午後2時50分ごろ、堺市中区小阪の市営小阪団地の「I(アイ)棟」(鉄筋5階建て)付近から出火、1階の1室約30平方メートルのうち、5平方メートルが焼けた。焼け跡からこの部屋に住む無職浜田武さん(69)の遺体が見つかった。浜田さん方を訪問していた介護会社経営の豊田康弘さん(80)が胸などにやけどを負い、病院に搬送されたが死亡した。浜田さんはベッドの上でうつぶせの状態で死亡。豊田さんは隣の部屋で倒れていた。室内に液体の入ったポリタンクが複数あったという。豊田さんは浜田さんのケアプランの作成を担当していた。司法解剖の結果、死因は、住民の浜田さんが一酸化炭素中毒、ケアマネジャーの豊田さんが硫化水素中毒だった。室内に置かれた液体入りのポリタンクから硫化水素の反応。2人のいずれかが、硫化水素を発生させたとみられる。
10月26日
  • 午前11時ごろ、福島市のJR福島駅前のホテル東横イン福島駅東口Iから「客室から異臭がする」と通報。浴室で30~40代とみられる男性が死亡。10階客室で硫化水素ガスによる自殺を図ったとみられる。同室の入り口ドアには粘着テープで目張りがしてあった。遺書などは見つかっていない。
10月27日
  • 午前10時ころ、長野県東筑摩郡朝日村大字古見地籍の林道入口付近で「空き地に不審な車両が駐車している」と通報。車内で死亡している男性を発見。硫化水素と思われるガスを発生させ、自殺したものとみて捜査。

11月

11月24日
  • 午後1時20分ごろ、高知市若松町のアパートの3階の1室から異臭がすると通報。浴室でこの部屋に住んでいると見られる29歳の会社員の男性の死亡が確認された。浴室には硫化水素を発生させた跡がある。現場は国分川の河口付近の倉庫などの多いところ。

12月

12月31日
  • 午後2時15分ごろ、岡山県倉敷市児島柳田町の県道鷲羽山公園線脇の駐車場で「車の中で人が寝ている」と通報。男性1人と女性2人が死亡していた。いずれも20~30代。岡山ナンバーの乗用車で、窓が内側から目張りされていた。車内から液体が入ったバケツが見つかり、硫化水素を発生させて自殺した可能性が高い。



個人用ツール
ツールボックス
このウィキのはてなブックマーク数 この記事をはてなブックマークに追加