グレープフルーツ

出典: 閾ペディアことのは

グレープフルーツ精油(エッセンシャルオイル)の一種。アロマテラピー検定1級出題範囲。

目次

基本情報

特徴

柑橘系、さわやかですっきりしているが、苦みと力強さのある香り。

精神を鋭敏にし、解放し、安定させ、積極性と実行力をつける。憂鬱なムードを追い払う。

摂食障害の心理的原因を穏やかに解きほぐす。

リンパ系を刺激し、体内の水分滞留の解消に役立つため、肥満やセリュライト解消にもよい。

肌に張りを持たせ、血行を促進させる。

注意

光毒性があるので、使用後に肌を強い紫外線にさらさないこと。

使いすぎると肌に刺激がある。

ショップリンク

img10161181918.jpeg


精油一覧

イランイラン - オレンジ・スイート - ジュニパー - ゼラニウム - ティートリー - ペパーミント - ユーカリ - ラベンダー - レモン - ローズマリー
2級で出題される精油に加えて
カモミール・ローマン - クラリセージ - グレープフルーツ - サンダルウッド - スイートマージョラム - ネロリ - フランキンセンス(オリバナム/乳香) - ベルガモット - レモングラス - ローズオットー
2級・1級で出題される精油に加えて
カモミール・ジャーマン - サイプレス - ジャスミンアブソリュート - パチュリ - ブラックペッパー - ベチバー - ベンゾイン(安息香) - ミルラ(マー/没薬) - メリッサ(レモンバーム) - ローズアブソリュート
  • 種類別分類
科名 - 抽出部位 - 抽出方法 - ティスランドの分類

個人用ツール
ツールボックス
このウィキのはてなブックマーク数 この記事をはてなブックマークに追加