水蒸気蒸留法

出典: 閾ペディアことのは

水蒸気蒸留法(すいじょうきじょうりゅうほう)は、精油(エッセンシャルオイル)抽出方法の一つ。

目次

方法

  1. 原料の植物を蒸留釜に入れる。
  2. 直接蒸気を吹き込む。または、釜に入っている水を沸騰させる。
  3. その水蒸気で植物の芳香成分を蒸発させる。
  4. 芳香成分を含んだ水蒸気は、冷却管を通って冷やされ、液体に戻る。
  5. 上に浮いた芳香成分を水と分離して精油として得る。
  6. 残った水には水溶性の芳香成分が溶け込んでおり、この水を「芳香蒸留水(フローラルウォーター)」という。

特徴

  • 装置が比較的簡単で安価なため、多くの精油がこの方法で抽出される。
  • 植物によっては、熱と水にさらされることで、本来の香りや成分が失われるものもあり、この方法に適さないものもある。

この方法で抽出される精油一覧

関連項目


個人用ツール
ツールボックス
このウィキのはてなブックマーク数 この記事をはてなブックマークに追加