セスキテルペンアルコール類

出典: 閾ペディアことのは

セスキテルペンアルコール類は精油成分の一種。

目次

化学的特徴

鎖状炭素骨格の炭素原子に水酸基-OHがついたもの。

語尾に「オール」がつく。

セスキテルペンアルコールは、15個の炭素分子(C15)をもつ鎖状炭素骨格に水酸基-OHが結合。

その植物の特徴成分となるものが多い。

作用

  • 抗菌作用、強壮作用、免疫力向上作用に優れている。

詳細

サンタロール

ネロリドール

  • ネロリの特徴成分
  • 抗マラリア活性、鎮静作用、ホルモン(エストロゲン)様作用

ビサボロール誘導体

パチュリアルコール

ベチベロール

精油成分


個人用ツール
ツールボックス
このウィキのはてなブックマーク数 この記事をはてなブックマークに追加