ビサボロール誘導体

出典: 閾ペディアことのは

ビサボロール誘導体は、セスキテルペンアルコール類の精油成分。

抗炎症作用、鎮痙攣作用、抗潰瘍作用がある。

含まれる精油

精油成分


個人用ツール
ツールボックス
このウィキのはてなブックマーク数 この記事をはてなブックマークに追加