セスキテルペン炭化水素類

出典: 閾ペディアことのは

セスキテルペン炭化水素類は精油成分の一種。

目次

化学的特徴

テルペン系炭化水素は、炭素と水素だけでできている不飽和炭化水素。官能基はついていない。

語尾に「エン」がつく。

セスキテルペン炭化水素類は、3つのイソプレン単位を持つ(C15H24)。

モノテルペンよりも分子量が多いため、粘性があり、揮発性が高くない。

作用

  • 鎮静作用。
  • 抗炎症作用。
  • 揮発性が高くない。ミドルノートからベースノート。

詳細

カマズレン

サンタレン

パチュレン

β-カリオフィレン

ベチベン

精油成分


個人用ツール
ツールボックス
このウィキのはてなブックマーク数 この記事をはてなブックマークに追加