ケトン類

出典: 閾ペディアことのは

ケトン類は精油成分の一種。

目次

化学的特徴

鎖状炭素骨格の炭素原子にケトン基-CO-がついたもの。

語尾に「オン」がつく。

作用

  • 呼吸器などの粘液溶解作用、去痰作用
  • 鎮痛作用、鎮静作用
  • 抗真菌作用、抗ウィルス作用
  • 免疫力向上作用
  • 痙攣を引き起こしたり、中枢神経に損傷を与える作用があるものもある。神経毒性は、てんかん、高血圧症の人に注意。

詳細

カンファー

  • ローズマリー、カンファー=樟脳、セージ、スパイクラベンダー
  • 筋肉弛緩作用、賦活作用、昆虫忌避作用
  • 正式名称はボルネオン
  • 神経刺激、毒性に注意

メントン

イソメントン

ヌートカトン

cis-ジャスモン

ベチボン

ベチベロン

ダマスコン

ツヨン

  • セージ
  • エストロゲン様作用
  • 毒性のある成分

プレゴン

  • ペニーロイヤル
  • 昆虫忌避作用

精油成分


個人用ツール
ツールボックス
このウィキのはてなブックマーク数 この記事をはてなブックマークに追加