アーユルヴェーダ

出典: 閾ペディアことのは

アーユルヴェーダ医学は、古代インドに成立した医学。アロマテラピーに大きな影響を与えた。

紀元前1200年~1000年ごろに成立した『リグ・ヴェーダ』に源流が見られる。

アーユルヴェーダは医学のみならず、宇宙観、自然観を含む哲学であり、具体的な生活方法も含んでいる。

書物として成立したのは思想の成立よりかなり後のこととなる。

ヴァータ・ピタ・カパの3要素のバランスを重視する。

アロマテラピーの歴史


個人用ツール
ツールボックス
このウィキのはてなブックマーク数 この記事をはてなブックマークに追加