神農本草経

出典: 閾ペディアことのは

薬物について書かれた本を中国では「本草書」という。最古のものは2~3世紀の漢の時代にまとめられている。

神農本草経』は、西洋のディオスコリデスの『マテリア・メディカ』と並んで有名な薬草学書。

後に5世紀末の陶弘景によって再編纂され、730種の薬石が記された『神農本草経集注』という形で今日に伝えられている。

アロマテラピーの歴史


個人用ツール
ツールボックス
このウィキのはてなブックマーク数 この記事をはてなブックマークに追加