サレルノ医科大学

出典: 閾ペディアことのは

サレルノは、ナポリから60kmほど南の港町。「ヒポクラテスの町」と呼ばれるほど医学で有名だった。

文化的にギリシア、ローマ、アラビア、ユダヤの4つの文化が認められ、多くの文化圏から知識を吸収していた。

10世紀末には医学を教える施設が作られており、4文化圏出身の教師たちによって教えられていた。

『サレルノ養生訓』などの著作はヨーロッパ全土にもたらされ、サレルノ医科大学のカリキュラムは、中世の多くの大学が模範とした。

1140年、シチリア王によって、医師の国家免許ともいえる制度が始められた。

アロマテラピーの歴史


個人用ツール
ツールボックス
このウィキのはてなブックマーク数 この記事をはてなブックマークに追加