僧院医学

出典: 閾ペディアことのは

中世ヨーロッパでは、教会や修道院を中心に僧院医学と呼ばれる薬草中心の医学が行なわれていた。

中世半ばごろには都市が出現し、次第に職業としての医師が必要とされるようになる。

アロマテラピーの歴史


個人用ツール
ツールボックス
このウィキのはてなブックマーク数 この記事をはてなブックマークに追加