古代エジプト

出典: 閾ペディアことのは

古代エジプトにおいては、ミイラ作りに、防腐効果のある乳香(フランキンセンス)や没薬(ミルラ)が用いられた。

神殿では、煙で香りをくゆらせる薫香が用いられた。

このころの植物の利用は、薫香と、浸剤(湯やオリーブ油などにつけ込んで作るハーブオイルやハーブティ)が主流だった。

アロマテラピーの歴史


個人用ツール
ツールボックス
このウィキのはてなブックマーク数 この記事をはてなブックマークに追加