グラースの香水産業

出典: 閾ペディアことのは

16世紀から17世紀にかけて、イタリアやフランスのプロヴァンス地方で、柑橘系の植物から香料が作られ始めた。

太陽王ルイ14世(在位:1643年 - 1715年)の時代、プロヴァンス地方グラースでは香水産業が育成政策として行なわれた。

この時代の香水は、匂い付きの革手袋として流行する。その後、液体の香水だけが用いられるようになった。

フランス革命以降、安価なガラス瓶に入れて売られるようになってから、香水が一般大衆に受け入れられるようになる。

このころの香水は花やハーブの精油が原料となっていた。

合成香料が使われ始めたのは、19世紀の終わりごろから。

アロマテラピーの歴史


個人用ツール
ツールボックス
このウィキのはてなブックマーク数 この記事をはてなブックマークに追加