ジャン・バルネ

出典: 閾ペディアことのは

ジャン・バルネ(Jean Valnet、1920年 - 1995年)はフランスの軍医。

1950年から1953年、インドシナ戦争でトンキンに滞在し、負傷者に精油から作った芳香薬剤を用いて手当を行ない、目を見張る成果を上げた。

軍籍を離れた1964年、aromatherapie(『ジャン・バルネ博士の植物=芳香療法』)を著わした。

フランスでは、主として精油を薬として用いる方法が研究され、フランスのアロマテラピーの特徴となっている。

アロマテラピーの歴史


個人用ツール
ツールボックス
このウィキのはてなブックマーク数 この記事をはてなブックマークに追加