ガレノス

出典: 閾ペディアことのは

ガレノスΓαληνός, 129年 - 199年)は、ローマ時代のギリシアの医学者。

古代の医学を集大成し、17世紀に至るまで西欧における医学の権威としてあがめられ、アラビア医学にも絶大な影響を与えた。

ヒポクラテスを医学の神として高く評価し、ヒポクラテス医学を基礎として、解剖学的知見と哲学的理論によって、体系的な学問としての医学を築き上げた。動物の解剖を行なった。

コールドクリームなどの製剤法の創始者としても知られる。

アロマテラピーの歴史


個人用ツール
ツールボックス
このウィキのはてなブックマーク数 この記事をはてなブックマークに追加