マルグリット・モーリー

出典: 閾ペディアことのは

マルグリット・モーリー(Marguerite Maury、1895年 - 1965年)は、オーストリア出身の生化学者。

インド、中国、チベットの伝統的な医学や哲学を研究し、精油を植物油に希釈してマッサージする方法を示した。これは、精神と肉体のアンバランスに対して、個人的な処方によってそのバランスを正常化するという方法論を提示している。

1961年、Le Capital - Jeunesse(the Secret of Life and Youth、生命と若さの秘密)を出版し、1962年に美容の国際的な賞「シデスコ賞」を受賞した。

これはイギリスのアロマテラピーに大きな影響を与え、ホリスティック・アロマテラピーの流れを生み出した。

アロマテラピーの歴史


個人用ツール
ツールボックス
このウィキのはてなブックマーク数 この記事をはてなブックマークに追加